Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
プロフィール

足立 かよ子
大阪府堺市で女性専用のカウンセリングルームを運営しています。
プロフィールはこちら>>

◆おすすめリンク◆
カウンセリングをご検討中の方へ
カウンセリングを迷っておられる方は検討材料にご覧ください
>>>ご検討中の方へ

つぶやきタイトル集♪
2009年4月からのつぶやきを集めています>> タイトル集
著書紹介

がんばりすぎる人の「心のゆるめ方」〜自信を育て、幸せに導く小さな習慣〜
PHP研究所 価格:1,260円

PHPスペシャル'13.10月号に掲載されています。

フェイスブック
私の本棚
備忘録のような感じでアップしています
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
生きやすさのヒント!(119) その目標、ホントに必要?


 

++-------------------------------------------------------------------------++
 りぼーんのつぶやき

++-------------------------------------------------------------------------++
■その目標、ホントに必要?


明日から師走。
このころになるといつも
「え、もう?....早いなぁ」
「今年もアッという間だった」

そしてそのあとに
「今年はよくやった、
  頑張った、楽しかった」
  ….と言葉が続けば、
その年は実りの年なのだろうけど、
なかなかそうはいかない。

新年の抱負はどこへやら、
お年始に書き留めたメモを見ると
「そんなこと思ってたなぁ」
なんて実現できていないことを再確認。

1)実現の必要がないことだったのか?
2)実現させたかったけど続けられなくて
  忘れてしまったことなのか?

あなたはどうですか?
満足の師走?それとも….。

もし(2)の状態なら、
ここからも続けて読んで頂きたいです。

決めたことを継続できない理由や
継続するためのコツはネット上に
たくさん書かれてあります。
・スモールステップで実行しろ!….とか
・脳機能を味方につけろ!....とか
・ご褒美を用意しろ!….とか
  ↑↑↑
これらは全てもっともで
それらを実行すれば確かにうまくいくのかもしれません。
でも、それが難しい。

そこで
飽き性&三日坊主の私が
決めたことのいくつかは
何とか続けられている理由を
お伝えしようと思います。

▼ポイントは2つ
1)その瞬間をキャッチする
2)実行へのイメージング


では、ここから詳しくお伝えします。

1)キャッチする….というのは
 継続したいコトを
「する」or「しない」の迷いの瞬間を
スルーせず意識を向けるということ。

….というのも
目標を掲げた時点では
一応やる気が高まった状態です。
でもいつしかその気分が萎えてくる。

実行しなければ!….と思いながら
いざその時が来ると気分が乗らない。
そこ!
その一瞬をやり過ごさず意識に乗せる!

実行に移せない時、私たちの心の中では
・疲れているし
・面倒くさいし
・時間ないし 
 ….というような
やらない言い訳が浮かんでいます。

私たちは「やらない選択」をする時
目の前の怠惰な気分を後押しするように
「まあいいか」などとつぶやいています。

願望よりも
今ココの気分を最優先してしまうのですね。

だれにも訪れるこの分岐点を
やり過ごさず、まずはキャッチ!
「あぁ、私の怠け心、来た来た来た〜」
….とまぁ、こんな感じで気づきます。
それができれば第一段階クリアです!

キャッチできたらあとは
「実行する」を選択する!
そのためのコツとして
2)目的のイメージングです

何のために実行するのか?を確認します。

・ダイエットするなら
 →やせてどうしたいのか?

・ピアノの練習なら
 →ピアノの腕を上げてどうしたいのか?

もしここでイメージがボヤけてくるようなら
あなたが継続しようとしていることは
実は大して実現したいことではないのかもしれません。

・ダイエットを成功させ
 →ナイスボディになって
  〜〜な服を着て〜〜へ出かけるイメージ

・ピアノの腕を上げて
 →友人と一緒に演奏するイメージ

このようにはっきりとイメージできていれば
実行度は自ずとアップしてきます。

達成時のイメージが浮かぶと怠惰に傾く
一瞬の心の迷いが振り切れます。
そうして一旦、手をつけると
そこでやめてしまうのは逆に難しくなります。

達成イメージができるかできないか?
….を確認して「やらない」選択もアリです。
本当に実現したいことだけに手をつける。
ここが大事です。


師走はバタバタしがちですが
そんな時こそ、ちょっと立ち止まって
考える時間に充ててみては?

++-------------------------------------------------------------------------++

▼Twitter
https://twitter.com/room_   reborn
▼ブログ
http://reborn.jp/blog
▼こころの辞書
http://reborn.jp/dic

++-------------------------------------------------------------------------++
  編集後記
++-------------------------------------------------------------------------++

先週末、宮崎県高千穂峡へ行ってきました。
0泊3日の船旅です。行き帰りの船で2泊して
あちらで1日観光。この手の弾丸ツアーが
今、流行っているらしいですね。
弾丸というとバタバタのイメージですが、
船内でゆっくり過ごせるので、なかなか
よかったです。友人と2人、深夜まで話して
翌朝は甲板で海風に吹かれながら日の出を観ました。
日々の暮らしでは、日に一度も土を踏まず
空を見上げない日がある私も、昇る朝陽に
思わず手を合わせました。
2019年は船旅の年にしようかなぁ。
そんな気分です。

 

posted by: リボーン | 人生 | 10:32 | - | trackbacks(0) |-
生きやすさのヒント!(118)行きがかり上で…

全盲犬
++-------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
(2)今月のブログ
(3)編集後記

++-------------------------------------------------------------------------++
 (1)りぼーんのつぶやき

++-------------------------------------------------------------------------++
■行きがかり上で…

A:どうして都会からそんな田舎に引っ越したんですか?
前から計画していたんですか?
B:いやぜんぜん、
行きがかり上、
楽しくなりそうだったしね。

50歳を過ぎて田舎暮らしを始めた人との会話です。

ここで大きく私の関心を引いたのが
「行きがかり上」という、
なんともラフで無責任にも感じられる表現です。

行きがかり上で長年住んでいた所から引っ越す?
普通ないですよねぇ…
でも、なんだかイイ響きを感じたのです。

とらわれなく軽やかさを想わせる表現。

将来については
本来、先々のことまで考えて
計画的にコトを進めるのが
一般的なんでしょうけど…。

そう思いながら、
万全を期しても
その通りにならないことがあります。
いや、その方が多いかも。

また
プラン通りに進まない状態が
いっそう加速しそうなのが
これからの時代じゃないかなぁ….とも思います。
※プラン外で上手くいくことも多発する時代

「行きがかり上」というと
そのあとに続く文章は
「仕方なく〜〜した」…と続きそうですが、
ここで言う「行きがかり上」は
「流れに沿ってみる」という意味あいにつながります。

何か選択を迫られた時
とことん悩んでやらないより
サラ〜ッと流れに身を任せてみる感じです。

そもそも
私たちがこの世に生を受けたこと自体
自身の意思ではないのですから
ある意味 “ 行きがかり上 ” です。

そう考えると
必要以上に思い悩み、自責し
日々を暗く沈ませるより
とりあえずイイかな....と思う方に乗ってみて
ダメなら
軽く方向転換するのもアリではないか…と。

もし、
悩みの渦に巻き込まれそうにな時
このように思考をシフトできれば
囚われた考えから抜け出せそうです。

悩みの中には
・自身が起こした事からくる後悔や
・集団の中の同調圧力による囚われ
・降りかかった災難への対応
いろいろあります。

そんな人生の中のビターな味わいを
「行きがかり上」として捉えてみる。

そうすると
難題すらも人生のすべてではなく
一生の中のほんの一部の出来事のように
眺められます。

その時点で既にそれは難題ではなく
取り扱い可能なまでにサイズダウンしているはず。


え、そんなにうまくいく?


なんて
この思考を試してみようかどうか迷っていますか?
その迷いも「行きがかり上」で捉えるとどうなるでしょうか?
 

++-------------------------------------------------------------------------++
(2)今月のブログ
++-------------------------------------------------------------------------++
主な発信に文字数制限のあるTwitterを使っています。
ブログはその補足として書ききれなかったことや
投稿した後に思ったことなどを綴っています。

・本質を突いてるわコレ!
・映画「あん」
・さよなら、田中さん
・季節外れの紫陽花
・自分が高齢になるということ
・小さな穴が巨船を沈める

▼Twitter
https://twitter.com/room_  reborn
▼ブログ
http://reborn.jp/blog
▼こころの辞書
http://reborn.jp/dic

++-------------------------------------------------------------------------++
(3)編集後記
++-------------------------------------------------------------------------++
正しいとか、間違ってるとか
そんな考え方が度外視された感のある
ジュリーのコンサートドタキャン騒動。
一般的には間違いだと判断する人の声も
たくさん報道されていましたね。

でも迷惑を被ったファンたちの多くが
「いいのよ、ジュリーだから」的な思いを
語ってはりました。

通念上の正しさは確かにあるのだろうけど
それがすべてに該当するわけではなさそうだと
感じる一件でした。

分かっちゃいるけどやめられない
だ・か・ら
→痩せられない…とか
→子どもに口を出し過ぎる…とか
→不倫を続ける…とか。
私たちは正しさだけではケリをつけられない
事だらけの中で生きているんだろうなぁ。

それにしても私には強烈に思いを寄せる対象等
なくジュリーファンを羨ましくも感じます。

posted by: リボーン | コミュニケーション(人間関係) | 10:58 | - | trackbacks(0) |-
生きやすさのヒント!(117) 「迷い」の効用


++-------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
(2)今月のブログ
(3)編集後記

++-------------------------------------------------------------------------++
 (1)りぼーんのつぶやき

++-------------------------------------------------------------------------++
■「迷い」の効用

道に迷わないように
Googleマップを使うことが
普通になりました。

初めての場所を目指し、着いた駅で
マップを起動させ矢印の指す方へ歩く。

時間も移動距離もロスなく無事到着。
よかった、よかった。
….と、一見無駄のない動きに満足します。

でも、以前なら道に迷ったことで
見つけたお店や素敵な街並みがあったことは
意識にのぼりません。

サクサク進むことで文明の利器を
使いこなしている感はあるけれど
実はその陰で、目に見えない大切なものを
たくさん見過ごしているのでは?
そんなふうに思うようになりました。

迷わない方がイイ。
….イイ?

迷うと
立ち止まったり、
ウロウロしたり、
ドンくさい気がします。

しかし、そう感じながらも
なんだかそのことに意味を見出したくなります。

それは、人生の歩みと重ねて考えるからです。
迷うと、必然的に
悩みの対象についてよく考え、
そうすることで思考は深まっていきます。

私がご相談を受けるようになって15年が経ちます。

いろんな迷いをお聴きする中で
「足立さんならどうしますか?」
....と問われることは多いです。

真正面から答えることはほぼなく
相談者ご自身が答えを出せるよう
考え巡らすお手伝いをします。

心の中で思いが往ったり来たりしながら
迷いの本質を見極め
真の欲求に近づいて行かれる。

「道に迷うことは 道を知ること」
これはアフリカの諺(ことわざ)です。

これを
「人生に迷うことは 自分を知ること」
と言いかえるとどうでしょう?

進む道が見つけられず
迷子になるのは確かにつらいです。

けれどそんな時にも
迷っている自分について
「問題から逃げず、
未だ見えていない自分を掘り起こし
自覚を深めているのだ」
と思えるとそう悪いことでもなさそうです。

迷いの少ないサクサク人生
迷いながらのノソノソ人生

どちらが良いかは
本当のところわかりません。

ただ、
こだわりがあるから迷うのであって
そのこだわりが自身の特徴であるなら
やはり迷いは自分を知るイイ機会です。


こんな自分って面倒くさいな
….と思いながらも
そういう自分を面白がってみる。


そうしているうちに
迷いからの脱出が見えてきそうです。
 

++-------------------------------------------------------------------------++
(2)今月のブログ
++-------------------------------------------------------------------------++
・質問カレンダーで振り返っています
・マチャミの婚前披露宴行ってきました
・救急車のスピーカーから聞こえて来るちょっと感動のフレーズ
・電話をかけることが増えました
・習いごと再開しました
・分かち合う姿勢を教えてくれた人
・遮られる日常を想うこと
・公園でサックスの音色

主な発信に文字数制限のあるTwitterを使っています。
ブログはその補足として書ききれなかった
ことや投稿した後に思ったことなどを綴っています。

▼Twitterはこちらからご覧頂けます。
https://twitter.com/room_  reborn
▼ブログはこちらからご覧頂けますます。 
http://reborn.jp/blog
▼こころの辞書はこちらからどうぞ。
http://reborn.jp/dic

++-------------------------------------------------------------------------++
(3)編集後記
++-------------------------------------------------------------------------++
樹木希林さんが亡くなりました。
「カッコイイ生き方」にフォーカスされた
報道が多かったように思います。

他人の意見に惑わされず強い意志を持って
生きた方、生き方そのものに魅力を感じさせる方でした。
その分、若い頃は生意気でケンカっ早かった
ということ、朝日新聞の「人生の贈りもの」
に連載されていました。

葛藤や軋轢がありながらも
自由で媚びない生き様を貫ける人は
多くの人から羨ましく感じられたのだと思います。

羨ましくはあっても、自分の思うように生きる
なんて難しいし、そうするにはそれなりの実力が
必要だと思います。
ただ、実力をつけるための準備に時間を使って
いる間に歳を重ね、歳をとったらとったでまた
歳相応にしないと….なんて自己制限していると
あっという間にご臨終の時が来てしまいそう。
そんなことを思うと、自分の人生なんだから、
自分が楽しめる方向へちょっと気楽に考え
進んでもイイんじゃないかと思えてきます。

posted by: リボーン | 人生 | 18:47 | - | trackbacks(0) |-
生きやすさのヒント!(116) 思い通りにいかない時に....


++-------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
(2)今月のブログ
(3)編集後記

++-------------------------------------------------------------------------++
 (1)りぼーんのつぶやき

++-------------------------------------------------------------------------++
【 思い通りに行かない時に… 】

7月から9月初めの時季は
ワンコを留守番させるのに
エアコンをつけて出ています。
電気代のこともあり
新しいエアコンのある部屋に
ワンコを移します。

そんなとき困るのがワンコのトイレです。
いつもと違う部屋で
ワンコは戸惑ってしまうのです。

ココでしてね・・・と部屋の隅に
トイレシートを敷いて出ても
別の場所に粗相をします。
それが2日続きました(>_<)

ただ、粗相をしたのは
シートを敷いた場所ではなかったけれど
2日とも同じ所でした。

そこで3日目
粗相をしたその場所にシートを敷いて出ました。
帰宅してみると
ちゃんとシートに排泄していたのです。
その日からそこがワンコのトイレになりました。

簡単なことなのです。
相手の都合を考えればいいのだから。

けれどこの簡単なことが
人間関係の中では難しかったりします。

相手の都合より自分の希望を優先して
相手に無理や努力を強いる。
従ってるフリをして実はコントロールする。
それが思い通りにいかないとイライラする。

「自分の方が正しい」
「自分に従って欲しい」
・・・という思いに囚われてしまうと
工夫しようとか
アイデアを出してみよう
という気持ちが湧きにくくなります。

そんな時、
どちらが正しいか?....は横に置き
まず、
お互いにとって望ましい結果を見据え、
それに対して
・取り組みやすい方法
・続けやすい流れ
を考え出そうという姿勢を持ってみる。

不要な意地の張り合いや
不毛な存在価値の証明に
正しさを振りかざすよりも
賢明だと思いませんか?

→いつもの考え方から少し離れて
「他の考えはないか?」
→自分とタイプの違う人を思い浮かべて
「あの人ならどうするだろう?」
と肩の力を抜いて頭を遊ばせるつもりで
別の視点で考えて見る。

これは、他人とのやり取りだけでなく
自分の人生、日々の生活において
煮詰まった時にも効果的な思考回路です。

努力や真面目さ、正しさを自分に課すより
・しやすさ
・欲求をそそる感覚
・心地よさへの流れ
….などを取り入れ、自分なりの方法を考える。

そんな仕組みづくりが実践へとつながり
ふと気づけば欲しい状態が手に入っている。

え〜!
そんなにうまくいく〜?

う〜ん、そうですね。
トライした人から実感できるのだと思います。
 

++-------------------------------------------------------------------------++
(2)今月のブログ
++-------------------------------------------------------------------------++
文章を簡潔に書くのが苦手な私は
主な発信に文字数制限のあるTwitterを
使っています。
ブログではその補足として書ききれなかった
ことや投稿した後に思ったことなどを綴るようにしています

・台風に思ったこと
・沢田教一展に行ってきました
・なぜ尾畠さんに感動するのか
・母さんがどんなに僕を嫌いでも
・コミュニケーションに本当に必要なこと
・母の味で…
 

▼Twitterはこちらからご覧頂けます。
https://twitter.com/room_ reborn

▼ブログはこちらからご覧頂けますます。 
http://reborn.jp/blog

▼こころの辞書はこちらからどうぞ。
http://reborn.jp/dic

++-------------------------------------------------------------------------++
(3)編集後記
++-------------------------------------------------------------------------++

虫さえも活動しにくかった夏
豪雨で大きな被害があった夏
大変な時を過ごし8月末を迎えました。

今月から始まっているおせちの注文受付。
え?もう!
今年もアッと言う間やん
….なんて
この時季にはいつもつぶやいてるように
思います。体力消耗が酷く、暑さにかま
けてすべきことをせずに過ごしてるから
こんなふうに感じるのかも….と反省⤵

でも本当はアッと言う間でもないのです
よね。だれにも同じように24時間与えら
れてるんだから。
暑いから….と先延ばしにしてたこと
手をつけ始めようと思います。

posted by: リボーン | - | 22:25 | - | trackbacks(0) |-
生きやすさのヒント!(115) 想像力のスイッチ OnとOff


++-------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
(2)今月のブログ
(3)編集後記

++-------------------------------------------------------------------------++
 (1)りぼーんのつぶやき

++-------------------------------------------------------------------------++

 

【 想像力のスイッチ OnとOff 】

「自分はこれでイイのだ」
….なんて思っていないけど
「こんな自分でもイイのだ」
….と思っていたい。

しっかり誇りを持って生きられているかは
わからないけれど否定されると腹が立つ。

他人から受け入れられたいし優しくされたい。
だからといって
自分は他人にそうしてるか?….と聞かれると、
自信を持ってうなずけない。

今月は、そういう自分を振り返るため
想像力のスイッチについてつぶやきました。

-------------

「おはようございます」
…と声をかけているのに
よそを向いた状態で挨拶が返ってきたり

話しかけているのに
PC画面を見つめたままでナマ返事。
それが日々繰り返される。

そんな相手を目の当たりにして驚いていた
はずが、それが続くとだんだん慣れてくる。

幼い頃、
相手の目を見てしっかり応える
そう教わったはずなのに
いつから人はこんなふうに変わるのだろう?

こう思っている私自身も
このような態度をしたことがあるかもしれない。
いやいやあるはず….。

悪気はないけど
当たり前のことを怠ってしまう。
職場に限らず、家族も含め
毎日顔を合わせる人とのやり取りは雑になりがちです。

○このような態度は
 相手やその環境に
 そして、自分自身に
 どんな影響を与えているのだろう?

ささやかな刺激と反応でできている私たちの日常。
日々のやり取りの中で湧き起こる感情は、
少しぐらいひっかかっても
わざわざ口にしないことが多いです。

でも、それがいつの間にか
寂しさや悔しさ、怒りに繋がっていく。

私たちは、忙しさや面倒な気持ちから
大切なものをスルーしてしまうことがあります。

このことは想像力のスイッチを切っていると
なかなか気づきにくいようです。

○あなたはふだん
 無意識に想像力のスイッチを
 切っていませんか?

日々起こる、目を覆うような事件に
スイッチを切りたくなるのは
心の防衛のため、その選択もアリでしょう。

しかし、日頃から無意識に切っているなら
スイッチon/offの自覚は重要です。

相手やその場を裏読みするのではなく
素直にその状態に気づこうとする姿勢。

その姿勢によって得た気づきから刺激を受け
次に起こすべき反応(言動)に思い至ります。

A:おはよう
B:(顔を上げてAさんの方を向くと
  あれ?Aさん元気ないなぁ....)
  どうしたの?調子悪いの?
A:え、わかる?
B:元気ないようにみえるから
A:夕べ眠れなくてね…
B:そうなんだぁ
  しんどくなったらいつでも言ってね
A:ありがとう 

顔を合わせて挨拶を交わせば上記のような
会話になったかもしれない。

しかし、スイッチがoffだと
相手の方を見てないことすら気づかず
ましてや
相手の表情や気持ちへの想像なんて及びもしない。

顔を合わせて挨拶を交わさなかったからと
言って相手が文句を言う訳ではありません。

ただ、言葉にならないものが残り
いつしかその態度が当たり前になる。
そうして、それなりの関係が築かれていく。

私たちは相手とどんな関係を築き
どんな気持ちで日々を過ごしたいのかを
考えることなく接してることが多いです。

ふだんのあなたを振り返って
何か浮かんで来ることはありませんか?

こうして想像力のon/off具合を確かめることで
人と関わりやあなた自身の視界に変化

++-------------------------------------------------------------------------++
(2)今月のブログ
++-------------------------------------------------------------------------++
◆今月アップできていません(>_<)

文章を簡潔に書くのが苦手な私は
主な発信に文字数制限のあるTwitterを
使っています。
ブログではその補足として書ききれなかった
ことや投稿した後に思ったことなどを綴るように
しているのですが今月は全くかけていません。
Twitter覗いてもらえればうれしいです。

▼Twitterはこちらからご覧頂けます。
 https://twitter.com/room_reborn

▼ブログはこちらからご覧頂けますます。 
 http://reborn.jp/blog

▼こころの辞書はこちらからどうぞ。
 http://reborn.jp/dic

++-------------------------------------------------------------------------++
(3)編集後記
++-------------------------------------------------------------------------++


今日は台風のため、スケジュールをオフに
しているかも....と、今朝突然だったけど、
サンディエゴ巡礼の旅11日間を終えた知人に
連絡を入れた。

感想を聞きたい….と頼み、オンラインで話を聴いた。
計100キロの道のりを実質5日間で歩く。
いつもと違う景色、人、言葉、習慣....。
とっても楽しかった....と。

青い空が目に浮かんだ。
こういう旅、憧れるなぁ。

すごい速さで色んなものが変化していく今、
自分の力で変えられないことは多い。

そんな中でも、モノを捉える心のモノサシは
心がけ次第で変えられる…と自分に期待する。
旅はそんな期待を叶えてくれそう♪

あぁ、旅に出たい。

posted by: リボーン | - | 06:56 | - | trackbacks(0) |-
生きやすさのヒント!(114) 生き方のモデルが欲しい



++-------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
(2)今月のブログ
(3)編集後記

++-------------------------------------------------------------------------++
 (1)りぼーんのつぶやき

++-------------------------------------------------------------------------++

【 生き方のモデルが欲しい 】

「モデルがないんです」
 …という方がいらっしゃいます。

これは、
良いモデルがないから
 ・うまく子育てできない
 ・うまく生きていけない
 ・うまく人間関係が築けない
…と、このような悩みに繋がっています。

「この人を見習えば失敗なく生きていける!」
そんな人が身近に居ればどんなに良いでしょう。

原家族の中に……
そう、
親がそのような存在であれば
どんなに心強く生きて来られただろう
....と想う人は多いと思います。

確かに
子どもの頃から見習いたいモデルが
そばに居れば
その人を真似たり、判断材料にして
理想的な道を歩めるのかもしれません。

しかしこれは
「かもしれない」…程度の話です。

なぜなら
子育てや人間関係など、
日々の姿勢が紡ぎ出す人生の歩みは
いろんな状況の中で
その人なりに考え、工夫しながら
獲得していくものだと感じるからです。

今月のつぶやきは
うまく生きて行く条件が揃っていない
…と嘆いたことのある人に向けて綴っています。

私たちは人生を進める中で
予想外のコトに出遭い、
足をとられながらも
その境遇を引き受けて歩いています。

心細く、やり場のない不安が怒りに変わり
どうしようもない気持ちに襲われた時、
藁にもすがる思いに駆られます。

正しいやり方は何?
正解はどれ?
…と、できるだけ失敗のないルートを探します。

・昔から信じられている教えだったり
・How to本の受け売りだったり
・上手くいってるように見える人の真似だったり

....このように
たぶん大丈夫….と予想される道をたどって
仮の安心を得る。

しかし、その道を進むにしたがって
再びうまくいかない感覚が押し寄せ
また降り出しに戻る。

結局、
確実な正解への道などはなく
自分なりに創り上げるしかないことを
思い知ることもあります。

正しさを求めるあまり
周囲を伺い過ぎたり
一般論に身を置くことで
自分自身に元々備わっている感覚は弱まります。

逆に
少々つまずき、後悔があっても
自分の感覚を頼りに歩いてみる勇気が
ものを見極める目を育てます。

自分が希望するのは、どんな状態なのか?
しっかり自問して進む。

この自問を怠らないことで
自分にとってズレの少ない道へと
つながりやすくなります。

むやみに正しさを追い求めるより
自分の内側で培った自らの感覚に
頼る方が近道だと思えると
少し気が楽になりませんか?

ここで
「私は、そんな感覚を培えていない」という方….

確かに初めは慣れないことで
自分の感覚に従う勇気が持てなかったり
事実、失敗もあるでしょう。
むしろ失敗から始まることの方が多いと思います。

しかし
自分の選択が生み出す失敗と成功の繰り返しを
続ける勇気がもたらす将来は、あなたの想定を
超えます。
たとえ一時的に失敗だと感じるものであっても
それを学びと捉える気概を持ってみる。

そんなことを続けるうちに
ある時、後ろを振り向くと
自分の道ができています。

これらたくさんの失敗は
自分にとって必要だったのだ
….と思える日が来ることを信じてみよう。
そしてそれを
未来の自分への期待につなげ
未だ見ぬ将来を面白がって眺められれば
理想のモデルや正しさを求めなくても済みそうです。

++-------------------------------------------------------------------------++
(2)今月のブログ
++-------------------------------------------------------------------------++
思いをまとめる練習に文字数制限のある
Twitterで発信しています。
ブログではその補足として書ききれなかった
ことや投稿した後に思ったことなどを綴っています。

▼こちらからご覧頂けますます。 
 http://reborn.jp/blog

・駅員さん、この挨拶いる?
・ALS(筋萎縮性側索硬化症)の日
・忖度にまみれるオトナ
・女性に歳をきくのは失礼?
・まあ、なんてこと…を楽しむ
・チョッとの手間で季節を感じる
・友とワンコと京都和束町茶畑へ

▼こころの辞書はこちらからどうぞ。
 http://reborn.jp/dic
++-------------------------------------------------------------------------++
(3)編集後記
++-------------------------------------------------------------------------++

今月は、ある方へのお返事を編集後記に代えています。

親が子に言う「あなたのため....」という
アドバイスの中には親自らの安心を確保する
内容が含まれることも多いのです。
このような本意について親自身も無自覚
だったりするから始末が悪い。

たとえ親であっても我が子の
(失敗を含む)経験の機会を奪う権利は
ないのだから、子は親の無自覚な発言に
惑わされず、自分の希望を見据えることが
大切かなぁ。

posted by: リボーン | - | 22:52 | - | trackbacks(0) |-
生きやすさのヒント!(113) 「本当の自分は…ちがう」と罪悪感に凹んでしまう人へ



++-------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
(2)今月のブログ
(3)編集後記

++-------------------------------------------------------------------------++
 (1)りぼーんのつぶやき

++-------------------------------------------------------------------------++
■「本当の自分は…ちがう.」と罪悪感に凹んでしまう人へ

「本当の私はだらしないんだ」
と思い
・周囲は自分をそう見ていない
・それがプレッシャーだ
・ウソつきのようだ
…などと
他人が見ている自分と
自覚している自分とを比較して、その差に心が痛む。
相手の期待に沿うよう演じる自分に罪悪感と共に疲労がにじむ。

カウンセリングではこのような悩みが語られることもあります。

「おしゃれな服を着ていますが
  部屋はすごく汚いんです」
「職場では丁寧な話し方をするけれど
  家では夫を口汚く罵ってしまうんです」
「お気の毒に…と相手に言いながら
  内心そうは思っていないんです」

それを聴いて私は
正直な方だなぁ....という感想を持ちます。

…というのも
人はいつも本音を口にしているわけではなく
その場に応じた役割の中で自分とのズレを
「埋め合わせ」ながら関係を築いていると思うからです。

ここで言う「埋め合わせ」は
その場に応じた「演じ分け」という意味です。

私たちは皆

家庭では妻や母として、
職場では上司や部下、同僚として、
また、他の場面では友人、趣味の仲間として振舞っています。
これら役割の中で変化する顔を持つのが私たちだと思うのです。

私自身を振り返ってみると、
母である私は、娘に対し
自分でも難しいことを強いてしまうことがあります。
母役割から娘に正しさを押し付けているのです。
また
両親に対して私は娘という立場から、
他人には守る期限を甘えて先延ばしにしています。

役割の中で傲慢や怠慢な私が居ます。

私ほどでなくても、
誰しも、その役割ごとに相手に映る顔は同じではないと思います。

例えばあなたも
顔見知り程度の人には節度を守り、
その場に合う話しをするでしょう。
一方、
気心の知れた友人には少し非常識な時間でも
連絡し辛さを吐露することはないですか?

このように
一人の人が場や相手によって感情を調整
しながら居場所をつくる。
それは適度に役割を演じ分けることであり
相手との関係を程よくつないでいくための生きる術です。

ペルソナ(仮面)はパーソン(person)が語源で
「人格」という意味を含んでいるそうです。
「仮面」というと、その下に本当の自分を隠し
嘘の自分を見せている印象があるかもしれません。

でも、一つの顔ですべての場、すべての相手に
関わることができるのは、赤ちゃんくらいではないでしょうか。
幼児ですら、親と他人への態度は違います。

私たちはいつも同じ自分では居られません。

ほどほどに態度を調整し
ほどほどに痛みを感じ
ほどほどに役割を演じ分けながら生きて行く。

こう考えると人との関わりが少し楽に思えてきませんか?

ただ、そこで重要なのが
そういう自分を知っていること、
そして、
その自分を受け容れながら
自己開発を試み続けること。

「演じなければならない感」
「演じさせられている感」
…ではなく、
主体的に自分を演じ分け、他の誰でもなく、
自分の人生を進めることができれば
成熟した大人への階段は続くのだと思うのです。

参考書籍:わかりあえないことから(平田オリザ)

++-------------------------------------------------------------------------++
(2)今月のブログ
++-------------------------------------------------------------------------++
▼ブログはTwitterの補足などを綴っています。
ブログは↓↓こちらからご覧頂けますます。
 http://reborn.jp/blog 

・ワンコとの会話
・脆さが表れる外づら
・心の豊かさと便利さの狭間で
・秀樹ヘ。「感激」
・母の日、母の気持ち
・娘と私、そばにはいつもワンコ


++-------------------------------------------------------------------------++
(3)編集後記
++-------------------------------------------------------------------------++
その場に応じた顔を持つ自分について
「演じ分ける」という表現で腑に落として
くれたのは2012年にワークショップデザイナー
養成プログラムで出会った劇作家の平田オリザ氏です。
何となくわかっている事でもこうして的確な
表現で解説されることで一層自分が見えてきたように思います。
面倒でも、考えながら言葉にするって大切だなぁ
と再認識し、今でも大きな影響を受けています。

posted by: リボーン | - | 21:38 | - | trackbacks(0) |-
生きやすさのヒント!(112) 悩み相談の応えに困る時

++----------------------------------------------------------------------------------------++
カウンセリングルームREBORNでは、心に寄り添いお話しをお聴きしながら
より豊かに生きるための道すじを一緒に考えさせて頂きます。
つまづきを感じたり、辛くて動けなくなるなど、心の整理が必要になった時、
思い出して頂けると嬉しいです。
++----------------------------------------------------------------------------------------++


++-------------------------------------------------------------------------++
 りぼーんのつぶやき

++-------------------------------------------------------------------------++

【 悩み相談の応えに困る時 】

悩みを打ち明けられた時
どう反応すればいいのかわからなくて困ってしまう。
そういうことで、親しい友人はつくりにくい。

カウンセリングの中でこのように伺うことがあります。

悩んでいる相手に
・どう言ってあげたらいいんだろう?
・つらい時こそ力になる存在でありたい
・話して良かった….と感じてもらうには?

….など
困った中身を覗いてみるとこんなふうに
「役に立ちたい」という相手への思いと
「役に立つ存在でありたい」という
自己満足への思いが入り混じっていることがあります。

・純粋に相手の役に立ちたい自分
・役に立たない無力さを感じたくない自分

相手からの投げかけに応える私たちの心は
複雑で思い煩いがつきものです。

そこで今回は
返答に困る相談ごとへの向き合い方について綴りました。


例えば、悩みの内容が
人生の岐路や激しい落ち込みだったり
どう見ても八方塞がりの場合、
こちらも一緒に凹んでしまいそうになります。

そういう時、
問題そのものに焦点を当てるよりも
この悩みは、伝える相手を選んだ結果
あなたに語られていると想うとどうでしょう。
向き合い方が変わってくると思いませんか?

それというのは
人は誰にでも気持ちを明かせるわけではないからです。

例えば
悩みを打ち明けた時、相手から
→バカにされないか?
→弱い人だと思われないか?
→重い、面倒だ….と感じられないか?
などの想像が浮かぶと話せなくなります。

そういう思いを経た結果
語られたと想うと
相手とあなたとの関係性が見えてきます。

問題解決へのアドバイスに困るよりも
相手が「安心して悩める時間」を支える。

コレが正解!というのではありませんが、

向き合っているそのひと時
「今、そういう気分で居るんだね」…と
悩みの湯船に一緒に浸かっている感覚は
相手の安心感へとつながります。

問題(課題)は本人が引き受けなければ
なりませんが、それを話せる相手が
居てくれるというだけで気持ちが違います。

悩んでいる時、人は無意識のうちに
「私の気持ちは誰にもわからない」と
孤独になりがちです。

そんな時、同じ方を向いて
一緒に考えてくれることで孤独感はやわらぎます。

一方
→大丈夫よ
→私だったらこうするけど….
→あなたのことだからしっかりやれるよ
など、
問題を小さく見つもったり
自分の考えを押し付けたり
相手を過大評価しながら励ますと
「やっぱりわかってもらえない」と
寂しさにつながってしまいます。

どんなに思いやった言葉でも
相手がそれを受け容れられるかどうかは
わかりません。

そんな時
一見、無力のようにみえる
「共に居る」「共に考える」という
寄り添う態度は相手を大きく支えます。

そして
「役に立つ存在でありたい」という
自己満足の思いを満たすよりも
本当の意味で相手を支える態度は?....と
心を遣う思考はあなたの心の成長にもつながります。

こんなふうに考えられると
悩みに応える気持ちが負担から別のものに
変わって見えてきませんか?
++-------------------------------------------------------------------------++
 編集後記

++-------------------------------------------------------------------------++

ゴールデンウィークがスタートしました。
ニュースでは新幹線の乗車率や出国ラッシュが
伝えられています。そん中、私は通常通りです。
世の中の動きが一方向に向いたり
多くの人が同じ意見で一致、賛同する時
本当に大丈夫?...と用心する癖のある私。
GW後半もマイペースを確認しながら過ごす予定です。

posted by: リボーン | - | 21:52 | - | trackbacks(0) |-
生きやすさのヒント!111(今の仕事観に満足していますか?)

++-----------------------------------------------------------------------------++
カウンセリングルームREBORNでは、心に寄り添いお話しをお聴きしながら
より豊かに生きるための道すじを一緒に考えさせて頂きます。
つまづきを感じたり、辛くて動けなくなるなど、心の整理が必要になった時、
思い出して頂けると嬉しいです。
++-----------------------------------------------------------------------------++

++-----------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
(2)今月のブログ
(3)編集後記
++-----------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
++-----------------------------------------------------------------------------++

【今の仕事観に満足していますか?】

近年大きく叫ばれるている “ 働き方改革 ”

「なにそれ…関心ないなぁ」

そんなふうにつぶやく方がいらっしゃるかもしれません。

厚労省のサイトには「働き方改革」について
「多様な働き方を選択できる社会を目指す」
…という内容がうたわれています。
裁量労働制が問題になったことからも
この改革は時間や場所の拘束にフォーカス
されているように思います。

しかし、私個人的には
「働き方改革」というより
「生き方見直し改革」とか
「選ぼう!生き方、暮らし方改革」など
ちょっとベタな表現ですが、
この方が関心湧くんじゃないの?
…なんて思いながらニュースを聴いています。

専業主婦(主夫)、会社員、自営業など
対価の有無に関わらず、働いている時間は
生活の中のゴールデンタイムであって
働き方は「どう生きるのか」に通じると思うからです。

そういうことから、今月は
・今の仕事が嫌でたまらない人
・仕方なく働いている人
・仕事観について考えることが少ない人
…このような方へ問いかけながら綴っています。

現状に満足している人は
特に考えることはないかもしれませんが、
そうでない人なら一度は
「何のために働いているのか?」
「何のために働かねばならないのか?」
…と考えたことがあると思います。

「お金のために決まってるでしょ」
…と即答する人もおられると思いますが

では
「そのお金を何に使いますか?」
…と問われるとどうでしょう?

これは必要最低限の生活費を除く出費についての質問です。

・貯金?
・趣味(交際・向学費も含む)?
・ギャンブルや買い物など依存対象へ?

この答えによって
あなたの
・時間の使い方
・日々の過ごし方
・人生への姿勢
…が浮かび上がって来ます。

これが理想どおりであれば
ワークライフバランスは良い感じでしょう。

しかし、そうとは言えず
・無駄な事(不本意)に出費している
・大切なことに出費する時間がとれない
・大切なもの(こと)がわからない
…となると

何のために仕事をしているのだろう?
という気持ちになってしまいます。

「働き方改革」は拘束時間や場所など
示しやすいものにフォーカスされがちですが
私たちの心の充実度や豊かさはそれだけでは測れません。

あなたは “ どんな時 ” に喜びを感じ
“ どんなこと ” で充実感を得ているでしょうか?



30代半ばくらいまでは
目の前のことだけに夢中になっていても
焦りが少ない人も多いでしょう。
しかし、だんだんそうしては居られなくなります。

それというのも
命の期限を想像するようになったり、
その期限(寿命)が長くなった分、
人生後半の過ごし方について真剣に
考えざるを得なくなるからです。


そこで
人生後半の過ごし方を考える時
その姿勢にも通じる仕事観について
下記のように示しました。

あなたと仕事の関係を思い巡らせると
どんな感じになるでしょう?


1)仕事に不満を抱いているが、高給
  →仮の充実、偽りの豊かさ

2)好きな仕事で遣り甲斐もあるが薄給・無給
  →充実度はほどほど、か、高い
  →心が満たされている

3)仕事に不満、給料も不満
  →空虚

こんなふうに考えると
仕事と人生充実のバランスは
個々の感覚によって違い、政府の改革に
任せるのは難しいですよね。

1)のように仕事に不満でも
・高給なら構わない…とういう人もいれば、
・本当は遣り甲斐を優先したい…と思いながら
働いている人もいるでしょう

2)のように薄給(無給)であっても
その仕事が自分への投資に繋がっているなら
将来に展望を抱けるからOK….という人もいるでしょう

3)の不満&不満でも
・能力的に仕方ない….と諦める人
・何とかしたい….と思いながらも動きがとれない人もいるでしょう

100人居れば100通り
上記3つの他にも仕事との関係は多様で
日々いろんな思いを抱えながら生きているのが私たちです。

ただ、
日々の雑務に流され、
これらについて考えることを避けていたり、
忘れているとしたらどうなるでしょう?

自分の思考について
時々振り返ってみることは大切です。

考えないことを「意識してやっている」なら
自己選択による人生を歩んでいるのだから
ココでは問題なし…とします。

しかし、無頓着だったり、
うすうす感じているのにあきらめかけている
という方には、チョッと待って…と声をかけたい。

「考えずに時を過ごす」のと
「自分を眺め、自分の心を掘り続ける」のと
では必然的に自分に対する信頼度が違ってくるからです。

忙しい中でもこれらに気をとめながら
日々のささやかな心の動きに目を向ける。

その中の
チョッとした「疑問」「発見」「ひらめき」をスルーしない。

そうすることで
ムダだと感じてきたことも
ある日、前触れもなく
「このための準備だったのか」と思える日が来ます。
そして、そう信じようとする姿勢に
「生きていくことの意味」が感じられるようになります。

「働くこと=生きること」であり
私たちの時間(人生)は、
無意識に流れ、消費されるものではなく
日々の思いから成る創造物だと思うのです。

誰と比べることもない自分なりの人生創造。
そうして
「今日からできることは何だろう?」と
ハードルを低くして考えてみると
案外スグ目の前に手をつけられることがありそうです。
 

++-----------------------------------------------------------------------------++
(3)今月のブログ
++-----------------------------------------------------------------------------++
▼ブログはTwitterの補足などを綴っています。
ブログは↓↓こちらからご覧頂けますます。
 http://reborn.jp/blog 

 

・自然を愛でるひと時

・ミスを明らかに記した保育施設の奮闘記
・月曜の朝、さまざまな思い
・愛犬との時間
・神戸祈りのツアー
・「いつかそのうち」は来ない
・次もこの方から買わせて頂きたい
・静かな回復
・専門バカは頂けない
・盲目ワンコ、初めての下り階段

▼こころの辞書はこちらからどうぞ。
 


▶Twitter:REBORNのツイート♪ 

++-----------------------------------------------------------------------------++
(3)編集後記
++-----------------------------------------------------------------------------++

明日から新年度。
桜咲くポカポカ陽気の中に新たな風を感じています。
世間のスタート時期と
自分のスタート感が一致しないこともあるけれど
それでも、始まりの季節を感じて、
チョコっと改るのもいいかな。
自分のペースを確かめながら
「私の今はこんな感じ」と
ぼちぼち歩みを進めていこう♪

posted by: リボーン | - | 13:20 | - | trackbacks(0) |-
生きやすさのヒント!vol.110(人生を豊かに紡ぐ時間の作り方 )

++-----------------------------------------------------------------------------++
カウンセリングルームREBORNでは、心に寄り添いお話しをお聴きしながら
より豊かに生きるための道すじを一緒に考えさせて頂きます。
つまづきを感じたり、辛くて動けなくなるなど、心の整理が必要になった時、
思い出して頂けると嬉しいです。
++-----------------------------------------------------------------------------++

++-----------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
(2)今月のブログ
(3)編集後記
++-----------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
++-----------------------------------------------------------------------------++
【 人生を豊かに紡ぐ時間の作り方 】

「二月は逃げる」と例えられたりして
他の月より速く過ぎた気がします。
28日までしかないし、
「新年、始まったところだと思っていたのに」
…そんな思いで急かされる月でもあります。

片や
ゆ〜ったり一人旅に出た人が
ネットにアップする写真を目にすると
人それぞれ、時間の流れは違うのだ
…と時間管理の上手さに脱帽しきりです。

自分の時間は自分のもので
自己管理下にあります。
それなのにコントロールは難しい。

誰にとっても
限りある時間は重要です。

このことを
しっかり意識しながら過ごす人生、
無意識に過ごし、いつの間にか終わる人生、
質は自ずと違ってきます。

人生の後半に入って久しい私にとって
時間の使い方は切実な問題です。

大げさかもしれないけれど、
いつ終わりが来ても
「まあまあイイ人生だったな」と
感じられるような日々を紡いでいきたいです。

そんな思いでココからは
その手立てのヒントをお伝えします。
あなたの毎日について振り返りながらお読み下さい。

さて毎日…
と言われても自分ではつかみづらいものです。

そこでまずは、
日々の行動を4項目に分けてみましょう。
項目ごとに3つほど例を挙げています。
参考になさってください。

1)緊急で重要なこと
・仕事
・毎日の家事
・子どもの世話

2)緊急ではないけど重要なこと
・家族との団らん
・健康づくり
・自己啓発、自己研鑽

3)緊急だけど重要ではないこと
・ラインの返信
・無計画なランチの誘い
・思いつきの行動

4)緊急でもないし重要でもないこと
・無計画に観るTV、ゲーム
・ダラダラする
・おやつの食べ過ぎ

項目ごとに分けられましたか?

ではその次に
その行動は、どの順で行動に移されているでしょう?
1の「緊急で重要」は、
誰もが最優先にしていますね。

問題はココからです!
1の次に
3の「無計画な行動」や
4の「欲求に任せた怠惰な行動」
....をやっていませんか?

2の「緊急ではないけど重要なこと」の
実行度はどうでしょう?

・大切な人とのくつろぎの時間
・健康づくり
・自己啓発、自己研鑽

これらをやらなかったとしても日々の暮らしに
大きな支障はないかもしれません。
しかし、これをなおざりにしていると
満たされない感覚が押し寄せてくるのです。

1でいっぱいいっぱいになっていたり
1の必須事項以外は
ついつい3や4で埋め尽くされてしまっている。

そうなると
「やらされ感」や「忙しいだけで実のない時間」が
重なり、豊かな人生とは逆のところに連れて行かれます。

さて、あなたにとって2の項目は
どんな内容があがっているでしょう?

▼ちなみに私の2の行動はこんな感じです。
・ストレッチ運動(毎朝5分)
・読書(毎朝15分〜)
・新聞を読む(毎朝5分&#12316;)
・ワンコだけを思いながら抱っこする
・ツイッター、FB(朝・昼食後・寝る前のみ)
・劇場での映画鑑賞(←これは難しいです)

SNSは4番に入りそうですが、
時間を決めて見ることで2番に入れています。

私はこれらを決めておかないと
寝るし、食べるしグダグダになります。

加えて、この項目の実行度アップのため
オンライン版10年日記にチェック項目として入力しています。

これまた、このぐらいしないと私は
「明日から実行」と怠惰になってしまうのです。

この4項目を下記URLに図示しています。
あなたの行動を項目分けする時の頭の整理に
活用なさってください。

http://wp.me/a68Iy5-Dz

++-----------------------------------------------------------------------------++
(3)今月のブログ
++-----------------------------------------------------------------------------++
▼ブログはTwitterの補足などを綴っています。
ブログは↓↓こちらからご覧頂けますます。
 http://reborn.jp/blog 


・媚びない関係
・好奇心のままに….
・やっぱりワンコとウマが合う。
・迷惑かけないように….の背後にあるもの
・最近の大江千里から
・私の子育ては、ワンコとのふれあいで
・死の宣告、あなたならどうする?
・知っておきたい犬の心理

▼こころの辞書はこちらからどうぞ。
 


▶Twitter:REBORNのツイート♪ 

++-----------------------------------------------------------------------------++
(3)編集後記
++-----------------------------------------------------------------------------++

これまでの気分を引きずるか、心機一転新たな気分を呼び込むか....

自分次第なのだけれど、それが難しいのですねぇ。
今月号は誕生日(3/3)を前に時間管理について呟いていますが、

読んで下さるあなたへというより私自身への注意喚起です。
オリンピック選手と比較なんてできないけど同じ人間であることは間違いなく、

万分の一でも彼らの優先行動の姿勢を見習いたい。
自分を諦めず、なにを大切に生きたいか?
再確認する2月末です。

posted by: リボーン | - | 22:50 | - | trackbacks(0) |-