Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
プロフィール

足立 かよ子
大阪府堺市で女性専用のカウンセリングルームを運営しています。
プロフィールはこちら>>

◆おすすめリンク◆
カウンセリングをご検討中の方へ
カウンセリングを迷っておられる方は検討材料にご覧ください
>>>ご検討中の方へ

つぶやきタイトル集♪
2009年4月からのつぶやきを集めています>> タイトル集
著書紹介

がんばりすぎる人の「心のゆるめ方」〜自信を育て、幸せに導く小さな習慣〜
PHP研究所 価格:1,260円

PHPスペシャル'13.10月号に掲載されています。

フェイスブック
私の本棚
備忘録のような感じでアップしています
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
生きやすさのヒント!(117) 「迷い」の効用


++-------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
(2)今月のブログ
(3)編集後記

++-------------------------------------------------------------------------++
 (1)りぼーんのつぶやき

++-------------------------------------------------------------------------++
■「迷い」の効用

道に迷わないように
Googleマップを使うことが
普通になりました。

初めての場所を目指し、着いた駅で
マップを起動させ矢印の指す方へ歩く。

時間も移動距離もロスなく無事到着。
よかった、よかった。
….と、一見無駄のない動きに満足します。

でも、以前なら道に迷ったことで
見つけたお店や素敵な街並みがあったことは
意識にのぼりません。

サクサク進むことで文明の利器を
使いこなしている感はあるけれど
実はその陰で、目に見えない大切なものを
たくさん見過ごしているのでは?
そんなふうに思うようになりました。

迷わない方がイイ。
….イイ?

迷うと
立ち止まったり、
ウロウロしたり、
ドンくさい気がします。

しかし、そう感じながらも
なんだかそのことに意味を見出したくなります。

それは、人生の歩みと重ねて考えるからです。
迷うと、必然的に
悩みの対象についてよく考え、
そうすることで思考は深まっていきます。

私がご相談を受けるようになって15年が経ちます。

いろんな迷いをお聴きする中で
「足立さんならどうしますか?」
....と問われることは多いです。

真正面から答えることはほぼなく
相談者ご自身が答えを出せるよう
考え巡らすお手伝いをします。

心の中で思いが往ったり来たりしながら
迷いの本質を見極め
真の欲求に近づいて行かれる。

「道に迷うことは 道を知ること」
これはアフリカの諺(ことわざ)です。

これを
「人生に迷うことは 自分を知ること」
と言いかえるとどうでしょう?

進む道が見つけられず
迷子になるのは確かにつらいです。

けれどそんな時にも
迷っている自分について
「問題から逃げず、
未だ見えていない自分を掘り起こし
自覚を深めているのだ」
と思えるとそう悪いことでもなさそうです。

迷いの少ないサクサク人生
迷いながらのノソノソ人生

どちらが良いかは
本当のところわかりません。

ただ、
こだわりがあるから迷うのであって
そのこだわりが自身の特徴であるなら
やはり迷いは自分を知るイイ機会です。


こんな自分って面倒くさいな
….と思いながらも
そういう自分を面白がってみる。


そうしているうちに
迷いからの脱出が見えてきそうです。
 

++-------------------------------------------------------------------------++
(2)今月のブログ
++-------------------------------------------------------------------------++
・質問カレンダーで振り返っています
・マチャミの婚前披露宴行ってきました
・救急車のスピーカーから聞こえて来るちょっと感動のフレーズ
・電話をかけることが増えました
・習いごと再開しました
・分かち合う姿勢を教えてくれた人
・遮られる日常を想うこと
・公園でサックスの音色

主な発信に文字数制限のあるTwitterを使っています。
ブログはその補足として書ききれなかった
ことや投稿した後に思ったことなどを綴っています。

▼Twitterはこちらからご覧頂けます。
https://twitter.com/room_  reborn
▼ブログはこちらからご覧頂けますます。 
http://reborn.jp/blog
▼こころの辞書はこちらからどうぞ。
http://reborn.jp/dic

++-------------------------------------------------------------------------++
(3)編集後記
++-------------------------------------------------------------------------++
樹木希林さんが亡くなりました。
「カッコイイ生き方」にフォーカスされた
報道が多かったように思います。

他人の意見に惑わされず強い意志を持って
生きた方、生き方そのものに魅力を感じさせる方でした。
その分、若い頃は生意気でケンカっ早かった
ということ、朝日新聞の「人生の贈りもの」
に連載されていました。

葛藤や軋轢がありながらも
自由で媚びない生き様を貫ける人は
多くの人から羨ましく感じられたのだと思います。

羨ましくはあっても、自分の思うように生きる
なんて難しいし、そうするにはそれなりの実力が
必要だと思います。
ただ、実力をつけるための準備に時間を使って
いる間に歳を重ね、歳をとったらとったでまた
歳相応にしないと….なんて自己制限していると
あっという間にご臨終の時が来てしまいそう。
そんなことを思うと、自分の人生なんだから、
自分が楽しめる方向へちょっと気楽に考え
進んでもイイんじゃないかと思えてきます。

posted by: リボーン | 人生 | 18:47 | - | trackbacks(0) |-
生きやすさのヒント!(116) 思い通りにいかない時に....


++-------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
(2)今月のブログ
(3)編集後記

++-------------------------------------------------------------------------++
 (1)りぼーんのつぶやき

++-------------------------------------------------------------------------++
【 思い通りに行かない時に… 】

7月から9月初めの時季は
ワンコを留守番させるのに
エアコンをつけて出ています。
電気代のこともあり
新しいエアコンのある部屋に
ワンコを移します。

そんなとき困るのがワンコのトイレです。
いつもと違う部屋で
ワンコは戸惑ってしまうのです。

ココでしてね・・・と部屋の隅に
トイレシートを敷いて出ても
別の場所に粗相をします。
それが2日続きました(>_<)

ただ、粗相をしたのは
シートを敷いた場所ではなかったけれど
2日とも同じ所でした。

そこで3日目
粗相をしたその場所にシートを敷いて出ました。
帰宅してみると
ちゃんとシートに排泄していたのです。
その日からそこがワンコのトイレになりました。

簡単なことなのです。
相手の都合を考えればいいのだから。

けれどこの簡単なことが
人間関係の中では難しかったりします。

相手の都合より自分の希望を優先して
相手に無理や努力を強いる。
従ってるフリをして実はコントロールする。
それが思い通りにいかないとイライラする。

「自分の方が正しい」
「自分に従って欲しい」
・・・という思いに囚われてしまうと
工夫しようとか
アイデアを出してみよう
という気持ちが湧きにくくなります。

そんな時、
どちらが正しいか?....は横に置き
まず、
お互いにとって望ましい結果を見据え、
それに対して
・取り組みやすい方法
・続けやすい流れ
を考え出そうという姿勢を持ってみる。

不要な意地の張り合いや
不毛な存在価値の証明に
正しさを振りかざすよりも
賢明だと思いませんか?

→いつもの考え方から少し離れて
「他の考えはないか?」
→自分とタイプの違う人を思い浮かべて
「あの人ならどうするだろう?」
と肩の力を抜いて頭を遊ばせるつもりで
別の視点で考えて見る。

これは、他人とのやり取りだけでなく
自分の人生、日々の生活において
煮詰まった時にも効果的な思考回路です。

努力や真面目さ、正しさを自分に課すより
・しやすさ
・欲求をそそる感覚
・心地よさへの流れ
….などを取り入れ、自分なりの方法を考える。

そんな仕組みづくりが実践へとつながり
ふと気づけば欲しい状態が手に入っている。

え〜!
そんなにうまくいく〜?

う〜ん、そうですね。
トライした人から実感できるのだと思います。
 

++-------------------------------------------------------------------------++
(2)今月のブログ
++-------------------------------------------------------------------------++
文章を簡潔に書くのが苦手な私は
主な発信に文字数制限のあるTwitterを
使っています。
ブログではその補足として書ききれなかった
ことや投稿した後に思ったことなどを綴るようにしています

・台風に思ったこと
・沢田教一展に行ってきました
・なぜ尾畠さんに感動するのか
・母さんがどんなに僕を嫌いでも
・コミュニケーションに本当に必要なこと
・母の味で…
 

▼Twitterはこちらからご覧頂けます。
https://twitter.com/room_ reborn

▼ブログはこちらからご覧頂けますます。 
http://reborn.jp/blog

▼こころの辞書はこちらからどうぞ。
http://reborn.jp/dic

++-------------------------------------------------------------------------++
(3)編集後記
++-------------------------------------------------------------------------++

虫さえも活動しにくかった夏
豪雨で大きな被害があった夏
大変な時を過ごし8月末を迎えました。

今月から始まっているおせちの注文受付。
え?もう!
今年もアッと言う間やん
….なんて
この時季にはいつもつぶやいてるように
思います。体力消耗が酷く、暑さにかま
けてすべきことをせずに過ごしてるから
こんなふうに感じるのかも….と反省⤵

でも本当はアッと言う間でもないのです
よね。だれにも同じように24時間与えら
れてるんだから。
暑いから….と先延ばしにしてたこと
手をつけ始めようと思います。

posted by: リボーン | - | 22:25 | - | trackbacks(0) |-
生きやすさのヒント!(115) 想像力のスイッチ OnとOff


++-------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
(2)今月のブログ
(3)編集後記

++-------------------------------------------------------------------------++
 (1)りぼーんのつぶやき

++-------------------------------------------------------------------------++

 

【 想像力のスイッチ OnとOff 】

「自分はこれでイイのだ」
….なんて思っていないけど
「こんな自分でもイイのだ」
….と思っていたい。

しっかり誇りを持って生きられているかは
わからないけれど否定されると腹が立つ。

他人から受け入れられたいし優しくされたい。
だからといって
自分は他人にそうしてるか?….と聞かれると、
自信を持ってうなずけない。

今月は、そういう自分を振り返るため
想像力のスイッチについてつぶやきました。

-------------

「おはようございます」
…と声をかけているのに
よそを向いた状態で挨拶が返ってきたり

話しかけているのに
PC画面を見つめたままでナマ返事。
それが日々繰り返される。

そんな相手を目の当たりにして驚いていた
はずが、それが続くとだんだん慣れてくる。

幼い頃、
相手の目を見てしっかり応える
そう教わったはずなのに
いつから人はこんなふうに変わるのだろう?

こう思っている私自身も
このような態度をしたことがあるかもしれない。
いやいやあるはず….。

悪気はないけど
当たり前のことを怠ってしまう。
職場に限らず、家族も含め
毎日顔を合わせる人とのやり取りは雑になりがちです。

○このような態度は
 相手やその環境に
 そして、自分自身に
 どんな影響を与えているのだろう?

ささやかな刺激と反応でできている私たちの日常。
日々のやり取りの中で湧き起こる感情は、
少しぐらいひっかかっても
わざわざ口にしないことが多いです。

でも、それがいつの間にか
寂しさや悔しさ、怒りに繋がっていく。

私たちは、忙しさや面倒な気持ちから
大切なものをスルーしてしまうことがあります。

このことは想像力のスイッチを切っていると
なかなか気づきにくいようです。

○あなたはふだん
 無意識に想像力のスイッチを
 切っていませんか?

日々起こる、目を覆うような事件に
スイッチを切りたくなるのは
心の防衛のため、その選択もアリでしょう。

しかし、日頃から無意識に切っているなら
スイッチon/offの自覚は重要です。

相手やその場を裏読みするのではなく
素直にその状態に気づこうとする姿勢。

その姿勢によって得た気づきから刺激を受け
次に起こすべき反応(言動)に思い至ります。

A:おはよう
B:(顔を上げてAさんの方を向くと
  あれ?Aさん元気ないなぁ....)
  どうしたの?調子悪いの?
A:え、わかる?
B:元気ないようにみえるから
A:夕べ眠れなくてね…
B:そうなんだぁ
  しんどくなったらいつでも言ってね
A:ありがとう 

顔を合わせて挨拶を交わせば上記のような
会話になったかもしれない。

しかし、スイッチがoffだと
相手の方を見てないことすら気づかず
ましてや
相手の表情や気持ちへの想像なんて及びもしない。

顔を合わせて挨拶を交わさなかったからと
言って相手が文句を言う訳ではありません。

ただ、言葉にならないものが残り
いつしかその態度が当たり前になる。
そうして、それなりの関係が築かれていく。

私たちは相手とどんな関係を築き
どんな気持ちで日々を過ごしたいのかを
考えることなく接してることが多いです。

ふだんのあなたを振り返って
何か浮かんで来ることはありませんか?

こうして想像力のon/off具合を確かめることで
人と関わりやあなた自身の視界に変化

++-------------------------------------------------------------------------++
(2)今月のブログ
++-------------------------------------------------------------------------++
◆今月アップできていません(>_<)

文章を簡潔に書くのが苦手な私は
主な発信に文字数制限のあるTwitterを
使っています。
ブログではその補足として書ききれなかった
ことや投稿した後に思ったことなどを綴るように
しているのですが今月は全くかけていません。
Twitter覗いてもらえればうれしいです。

▼Twitterはこちらからご覧頂けます。
 https://twitter.com/room_reborn

▼ブログはこちらからご覧頂けますます。 
 http://reborn.jp/blog

▼こころの辞書はこちらからどうぞ。
 http://reborn.jp/dic

++-------------------------------------------------------------------------++
(3)編集後記
++-------------------------------------------------------------------------++


今日は台風のため、スケジュールをオフに
しているかも....と、今朝突然だったけど、
サンディエゴ巡礼の旅11日間を終えた知人に
連絡を入れた。

感想を聞きたい….と頼み、オンラインで話を聴いた。
計100キロの道のりを実質5日間で歩く。
いつもと違う景色、人、言葉、習慣....。
とっても楽しかった....と。

青い空が目に浮かんだ。
こういう旅、憧れるなぁ。

すごい速さで色んなものが変化していく今、
自分の力で変えられないことは多い。

そんな中でも、モノを捉える心のモノサシは
心がけ次第で変えられる…と自分に期待する。
旅はそんな期待を叶えてくれそう♪

あぁ、旅に出たい。

posted by: リボーン | - | 06:56 | - | trackbacks(0) |-
生きやすさのヒント!(114) 生き方のモデルが欲しい



++-------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
(2)今月のブログ
(3)編集後記

++-------------------------------------------------------------------------++
 (1)りぼーんのつぶやき

++-------------------------------------------------------------------------++

【 生き方のモデルが欲しい 】

「モデルがないんです」
 …という方がいらっしゃいます。

これは、
良いモデルがないから
 ・うまく子育てできない
 ・うまく生きていけない
 ・うまく人間関係が築けない
…と、このような悩みに繋がっています。

「この人を見習えば失敗なく生きていける!」
そんな人が身近に居ればどんなに良いでしょう。

原家族の中に……
そう、
親がそのような存在であれば
どんなに心強く生きて来られただろう
....と想う人は多いと思います。

確かに
子どもの頃から見習いたいモデルが
そばに居れば
その人を真似たり、判断材料にして
理想的な道を歩めるのかもしれません。

しかしこれは
「かもしれない」…程度の話です。

なぜなら
子育てや人間関係など、
日々の姿勢が紡ぎ出す人生の歩みは
いろんな状況の中で
その人なりに考え、工夫しながら
獲得していくものだと感じるからです。

今月のつぶやきは
うまく生きて行く条件が揃っていない
…と嘆いたことのある人に向けて綴っています。

私たちは人生を進める中で
予想外のコトに出遭い、
足をとられながらも
その境遇を引き受けて歩いています。

心細く、やり場のない不安が怒りに変わり
どうしようもない気持ちに襲われた時、
藁にもすがる思いに駆られます。

正しいやり方は何?
正解はどれ?
…と、できるだけ失敗のないルートを探します。

・昔から信じられている教えだったり
・How to本の受け売りだったり
・上手くいってるように見える人の真似だったり

....このように
たぶん大丈夫….と予想される道をたどって
仮の安心を得る。

しかし、その道を進むにしたがって
再びうまくいかない感覚が押し寄せ
また降り出しに戻る。

結局、
確実な正解への道などはなく
自分なりに創り上げるしかないことを
思い知ることもあります。

正しさを求めるあまり
周囲を伺い過ぎたり
一般論に身を置くことで
自分自身に元々備わっている感覚は弱まります。

逆に
少々つまずき、後悔があっても
自分の感覚を頼りに歩いてみる勇気が
ものを見極める目を育てます。

自分が希望するのは、どんな状態なのか?
しっかり自問して進む。

この自問を怠らないことで
自分にとってズレの少ない道へと
つながりやすくなります。

むやみに正しさを追い求めるより
自分の内側で培った自らの感覚に
頼る方が近道だと思えると
少し気が楽になりませんか?

ここで
「私は、そんな感覚を培えていない」という方….

確かに初めは慣れないことで
自分の感覚に従う勇気が持てなかったり
事実、失敗もあるでしょう。
むしろ失敗から始まることの方が多いと思います。

しかし
自分の選択が生み出す失敗と成功の繰り返しを
続ける勇気がもたらす将来は、あなたの想定を
超えます。
たとえ一時的に失敗だと感じるものであっても
それを学びと捉える気概を持ってみる。

そんなことを続けるうちに
ある時、後ろを振り向くと
自分の道ができています。

これらたくさんの失敗は
自分にとって必要だったのだ
….と思える日が来ることを信じてみよう。
そしてそれを
未来の自分への期待につなげ
未だ見ぬ将来を面白がって眺められれば
理想のモデルや正しさを求めなくても済みそうです。

++-------------------------------------------------------------------------++
(2)今月のブログ
++-------------------------------------------------------------------------++
思いをまとめる練習に文字数制限のある
Twitterで発信しています。
ブログではその補足として書ききれなかった
ことや投稿した後に思ったことなどを綴っています。

▼こちらからご覧頂けますます。 
 http://reborn.jp/blog

・駅員さん、この挨拶いる?
・ALS(筋萎縮性側索硬化症)の日
・忖度にまみれるオトナ
・女性に歳をきくのは失礼?
・まあ、なんてこと…を楽しむ
・チョッとの手間で季節を感じる
・友とワンコと京都和束町茶畑へ

▼こころの辞書はこちらからどうぞ。
 http://reborn.jp/dic
++-------------------------------------------------------------------------++
(3)編集後記
++-------------------------------------------------------------------------++

今月は、ある方へのお返事を編集後記に代えています。

親が子に言う「あなたのため....」という
アドバイスの中には親自らの安心を確保する
内容が含まれることも多いのです。
このような本意について親自身も無自覚
だったりするから始末が悪い。

たとえ親であっても我が子の
(失敗を含む)経験の機会を奪う権利は
ないのだから、子は親の無自覚な発言に
惑わされず、自分の希望を見据えることが
大切かなぁ。

posted by: リボーン | - | 22:52 | - | trackbacks(0) |-
生きやすさのヒント!(113) 「本当の自分は…ちがう」と罪悪感に凹んでしまう人へ



++-------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
(2)今月のブログ
(3)編集後記

++-------------------------------------------------------------------------++
 (1)りぼーんのつぶやき

++-------------------------------------------------------------------------++
■「本当の自分は…ちがう.」と罪悪感に凹んでしまう人へ

「本当の私はだらしないんだ」
と思い
・周囲は自分をそう見ていない
・それがプレッシャーだ
・ウソつきのようだ
…などと
他人が見ている自分と
自覚している自分とを比較して、その差に心が痛む。
相手の期待に沿うよう演じる自分に罪悪感と共に疲労がにじむ。

カウンセリングではこのような悩みが語られることもあります。

「おしゃれな服を着ていますが
  部屋はすごく汚いんです」
「職場では丁寧な話し方をするけれど
  家では夫を口汚く罵ってしまうんです」
「お気の毒に…と相手に言いながら
  内心そうは思っていないんです」

それを聴いて私は
正直な方だなぁ....という感想を持ちます。

…というのも
人はいつも本音を口にしているわけではなく
その場に応じた役割の中で自分とのズレを
「埋め合わせ」ながら関係を築いていると思うからです。

ここで言う「埋め合わせ」は
その場に応じた「演じ分け」という意味です。

私たちは皆

家庭では妻や母として、
職場では上司や部下、同僚として、
また、他の場面では友人、趣味の仲間として振舞っています。
これら役割の中で変化する顔を持つのが私たちだと思うのです。

私自身を振り返ってみると、
母である私は、娘に対し
自分でも難しいことを強いてしまうことがあります。
母役割から娘に正しさを押し付けているのです。
また
両親に対して私は娘という立場から、
他人には守る期限を甘えて先延ばしにしています。

役割の中で傲慢や怠慢な私が居ます。

私ほどでなくても、
誰しも、その役割ごとに相手に映る顔は同じではないと思います。

例えばあなたも
顔見知り程度の人には節度を守り、
その場に合う話しをするでしょう。
一方、
気心の知れた友人には少し非常識な時間でも
連絡し辛さを吐露することはないですか?

このように
一人の人が場や相手によって感情を調整
しながら居場所をつくる。
それは適度に役割を演じ分けることであり
相手との関係を程よくつないでいくための生きる術です。

ペルソナ(仮面)はパーソン(person)が語源で
「人格」という意味を含んでいるそうです。
「仮面」というと、その下に本当の自分を隠し
嘘の自分を見せている印象があるかもしれません。

でも、一つの顔ですべての場、すべての相手に
関わることができるのは、赤ちゃんくらいではないでしょうか。
幼児ですら、親と他人への態度は違います。

私たちはいつも同じ自分では居られません。

ほどほどに態度を調整し
ほどほどに痛みを感じ
ほどほどに役割を演じ分けながら生きて行く。

こう考えると人との関わりが少し楽に思えてきませんか?

ただ、そこで重要なのが
そういう自分を知っていること、
そして、
その自分を受け容れながら
自己開発を試み続けること。

「演じなければならない感」
「演じさせられている感」
…ではなく、
主体的に自分を演じ分け、他の誰でもなく、
自分の人生を進めることができれば
成熟した大人への階段は続くのだと思うのです。

参考書籍:わかりあえないことから(平田オリザ)

++-------------------------------------------------------------------------++
(2)今月のブログ
++-------------------------------------------------------------------------++
▼ブログはTwitterの補足などを綴っています。
ブログは↓↓こちらからご覧頂けますます。
 http://reborn.jp/blog 

・ワンコとの会話
・脆さが表れる外づら
・心の豊かさと便利さの狭間で
・秀樹ヘ。「感激」
・母の日、母の気持ち
・娘と私、そばにはいつもワンコ


++-------------------------------------------------------------------------++
(3)編集後記
++-------------------------------------------------------------------------++
その場に応じた顔を持つ自分について
「演じ分ける」という表現で腑に落として
くれたのは2012年にワークショップデザイナー
養成プログラムで出会った劇作家の平田オリザ氏です。
何となくわかっている事でもこうして的確な
表現で解説されることで一層自分が見えてきたように思います。
面倒でも、考えながら言葉にするって大切だなぁ
と再認識し、今でも大きな影響を受けています。

posted by: リボーン | - | 21:38 | - | trackbacks(0) |-
生きやすさのヒント!(112) 悩み相談の応えに困る時

++----------------------------------------------------------------------------------------++
カウンセリングルームREBORNでは、心に寄り添いお話しをお聴きしながら
より豊かに生きるための道すじを一緒に考えさせて頂きます。
つまづきを感じたり、辛くて動けなくなるなど、心の整理が必要になった時、
思い出して頂けると嬉しいです。
++----------------------------------------------------------------------------------------++


++-------------------------------------------------------------------------++
 りぼーんのつぶやき

++-------------------------------------------------------------------------++

【 悩み相談の応えに困る時 】

悩みを打ち明けられた時
どう反応すればいいのかわからなくて困ってしまう。
そういうことで、親しい友人はつくりにくい。

カウンセリングの中でこのように伺うことがあります。

悩んでいる相手に
・どう言ってあげたらいいんだろう?
・つらい時こそ力になる存在でありたい
・話して良かった….と感じてもらうには?

….など
困った中身を覗いてみるとこんなふうに
「役に立ちたい」という相手への思いと
「役に立つ存在でありたい」という
自己満足への思いが入り混じっていることがあります。

・純粋に相手の役に立ちたい自分
・役に立たない無力さを感じたくない自分

相手からの投げかけに応える私たちの心は
複雑で思い煩いがつきものです。

そこで今回は
返答に困る相談ごとへの向き合い方について綴りました。


例えば、悩みの内容が
人生の岐路や激しい落ち込みだったり
どう見ても八方塞がりの場合、
こちらも一緒に凹んでしまいそうになります。

そういう時、
問題そのものに焦点を当てるよりも
この悩みは、伝える相手を選んだ結果
あなたに語られていると想うとどうでしょう。
向き合い方が変わってくると思いませんか?

それというのは
人は誰にでも気持ちを明かせるわけではないからです。

例えば
悩みを打ち明けた時、相手から
→バカにされないか?
→弱い人だと思われないか?
→重い、面倒だ….と感じられないか?
などの想像が浮かぶと話せなくなります。

そういう思いを経た結果
語られたと想うと
相手とあなたとの関係性が見えてきます。

問題解決へのアドバイスに困るよりも
相手が「安心して悩める時間」を支える。

コレが正解!というのではありませんが、

向き合っているそのひと時
「今、そういう気分で居るんだね」…と
悩みの湯船に一緒に浸かっている感覚は
相手の安心感へとつながります。

問題(課題)は本人が引き受けなければ
なりませんが、それを話せる相手が
居てくれるというだけで気持ちが違います。

悩んでいる時、人は無意識のうちに
「私の気持ちは誰にもわからない」と
孤独になりがちです。

そんな時、同じ方を向いて
一緒に考えてくれることで孤独感はやわらぎます。

一方
→大丈夫よ
→私だったらこうするけど….
→あなたのことだからしっかりやれるよ
など、
問題を小さく見つもったり
自分の考えを押し付けたり
相手を過大評価しながら励ますと
「やっぱりわかってもらえない」と
寂しさにつながってしまいます。

どんなに思いやった言葉でも
相手がそれを受け容れられるかどうかは
わかりません。

そんな時
一見、無力のようにみえる
「共に居る」「共に考える」という
寄り添う態度は相手を大きく支えます。

そして
「役に立つ存在でありたい」という
自己満足の思いを満たすよりも
本当の意味で相手を支える態度は?....と
心を遣う思考はあなたの心の成長にもつながります。

こんなふうに考えられると
悩みに応える気持ちが負担から別のものに
変わって見えてきませんか?
++-------------------------------------------------------------------------++
 編集後記

++-------------------------------------------------------------------------++

ゴールデンウィークがスタートしました。
ニュースでは新幹線の乗車率や出国ラッシュが
伝えられています。そん中、私は通常通りです。
世の中の動きが一方向に向いたり
多くの人が同じ意見で一致、賛同する時
本当に大丈夫?...と用心する癖のある私。
GW後半もマイペースを確認しながら過ごす予定です。

posted by: リボーン | - | 21:52 | - | trackbacks(0) |-
生きやすさのヒント!111(今の仕事観に満足していますか?)

++-----------------------------------------------------------------------------++
カウンセリングルームREBORNでは、心に寄り添いお話しをお聴きしながら
より豊かに生きるための道すじを一緒に考えさせて頂きます。
つまづきを感じたり、辛くて動けなくなるなど、心の整理が必要になった時、
思い出して頂けると嬉しいです。
++-----------------------------------------------------------------------------++

++-----------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
(2)今月のブログ
(3)編集後記
++-----------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
++-----------------------------------------------------------------------------++

【今の仕事観に満足していますか?】

近年大きく叫ばれるている “ 働き方改革 ”

「なにそれ…関心ないなぁ」

そんなふうにつぶやく方がいらっしゃるかもしれません。

厚労省のサイトには「働き方改革」について
「多様な働き方を選択できる社会を目指す」
…という内容がうたわれています。
裁量労働制が問題になったことからも
この改革は時間や場所の拘束にフォーカス
されているように思います。

しかし、私個人的には
「働き方改革」というより
「生き方見直し改革」とか
「選ぼう!生き方、暮らし方改革」など
ちょっとベタな表現ですが、
この方が関心湧くんじゃないの?
…なんて思いながらニュースを聴いています。

専業主婦(主夫)、会社員、自営業など
対価の有無に関わらず、働いている時間は
生活の中のゴールデンタイムであって
働き方は「どう生きるのか」に通じると思うからです。

そういうことから、今月は
・今の仕事が嫌でたまらない人
・仕方なく働いている人
・仕事観について考えることが少ない人
…このような方へ問いかけながら綴っています。

現状に満足している人は
特に考えることはないかもしれませんが、
そうでない人なら一度は
「何のために働いているのか?」
「何のために働かねばならないのか?」
…と考えたことがあると思います。

「お金のために決まってるでしょ」
…と即答する人もおられると思いますが

では
「そのお金を何に使いますか?」
…と問われるとどうでしょう?

これは必要最低限の生活費を除く出費についての質問です。

・貯金?
・趣味(交際・向学費も含む)?
・ギャンブルや買い物など依存対象へ?

この答えによって
あなたの
・時間の使い方
・日々の過ごし方
・人生への姿勢
…が浮かび上がって来ます。

これが理想どおりであれば
ワークライフバランスは良い感じでしょう。

しかし、そうとは言えず
・無駄な事(不本意)に出費している
・大切なことに出費する時間がとれない
・大切なもの(こと)がわからない
…となると

何のために仕事をしているのだろう?
という気持ちになってしまいます。

「働き方改革」は拘束時間や場所など
示しやすいものにフォーカスされがちですが
私たちの心の充実度や豊かさはそれだけでは測れません。

あなたは “ どんな時 ” に喜びを感じ
“ どんなこと ” で充実感を得ているでしょうか?



30代半ばくらいまでは
目の前のことだけに夢中になっていても
焦りが少ない人も多いでしょう。
しかし、だんだんそうしては居られなくなります。

それというのも
命の期限を想像するようになったり、
その期限(寿命)が長くなった分、
人生後半の過ごし方について真剣に
考えざるを得なくなるからです。


そこで
人生後半の過ごし方を考える時
その姿勢にも通じる仕事観について
下記のように示しました。

あなたと仕事の関係を思い巡らせると
どんな感じになるでしょう?


1)仕事に不満を抱いているが、高給
  →仮の充実、偽りの豊かさ

2)好きな仕事で遣り甲斐もあるが薄給・無給
  →充実度はほどほど、か、高い
  →心が満たされている

3)仕事に不満、給料も不満
  →空虚

こんなふうに考えると
仕事と人生充実のバランスは
個々の感覚によって違い、政府の改革に
任せるのは難しいですよね。

1)のように仕事に不満でも
・高給なら構わない…とういう人もいれば、
・本当は遣り甲斐を優先したい…と思いながら
働いている人もいるでしょう

2)のように薄給(無給)であっても
その仕事が自分への投資に繋がっているなら
将来に展望を抱けるからOK….という人もいるでしょう

3)の不満&不満でも
・能力的に仕方ない….と諦める人
・何とかしたい….と思いながらも動きがとれない人もいるでしょう

100人居れば100通り
上記3つの他にも仕事との関係は多様で
日々いろんな思いを抱えながら生きているのが私たちです。

ただ、
日々の雑務に流され、
これらについて考えることを避けていたり、
忘れているとしたらどうなるでしょう?

自分の思考について
時々振り返ってみることは大切です。

考えないことを「意識してやっている」なら
自己選択による人生を歩んでいるのだから
ココでは問題なし…とします。

しかし、無頓着だったり、
うすうす感じているのにあきらめかけている
という方には、チョッと待って…と声をかけたい。

「考えずに時を過ごす」のと
「自分を眺め、自分の心を掘り続ける」のと
では必然的に自分に対する信頼度が違ってくるからです。

忙しい中でもこれらに気をとめながら
日々のささやかな心の動きに目を向ける。

その中の
チョッとした「疑問」「発見」「ひらめき」をスルーしない。

そうすることで
ムダだと感じてきたことも
ある日、前触れもなく
「このための準備だったのか」と思える日が来ます。
そして、そう信じようとする姿勢に
「生きていくことの意味」が感じられるようになります。

「働くこと=生きること」であり
私たちの時間(人生)は、
無意識に流れ、消費されるものではなく
日々の思いから成る創造物だと思うのです。

誰と比べることもない自分なりの人生創造。
そうして
「今日からできることは何だろう?」と
ハードルを低くして考えてみると
案外スグ目の前に手をつけられることがありそうです。
 

++-----------------------------------------------------------------------------++
(3)今月のブログ
++-----------------------------------------------------------------------------++
▼ブログはTwitterの補足などを綴っています。
ブログは↓↓こちらからご覧頂けますます。
 http://reborn.jp/blog 

 

・自然を愛でるひと時

・ミスを明らかに記した保育施設の奮闘記
・月曜の朝、さまざまな思い
・愛犬との時間
・神戸祈りのツアー
・「いつかそのうち」は来ない
・次もこの方から買わせて頂きたい
・静かな回復
・専門バカは頂けない
・盲目ワンコ、初めての下り階段

▼こころの辞書はこちらからどうぞ。
 


▶Twitter:REBORNのツイート♪ 

++-----------------------------------------------------------------------------++
(3)編集後記
++-----------------------------------------------------------------------------++

明日から新年度。
桜咲くポカポカ陽気の中に新たな風を感じています。
世間のスタート時期と
自分のスタート感が一致しないこともあるけれど
それでも、始まりの季節を感じて、
チョコっと改るのもいいかな。
自分のペースを確かめながら
「私の今はこんな感じ」と
ぼちぼち歩みを進めていこう♪

posted by: リボーン | - | 13:20 | - | trackbacks(0) |-
生きやすさのヒント!vol.110(人生を豊かに紡ぐ時間の作り方 )

++-----------------------------------------------------------------------------++
カウンセリングルームREBORNでは、心に寄り添いお話しをお聴きしながら
より豊かに生きるための道すじを一緒に考えさせて頂きます。
つまづきを感じたり、辛くて動けなくなるなど、心の整理が必要になった時、
思い出して頂けると嬉しいです。
++-----------------------------------------------------------------------------++

++-----------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
(2)今月のブログ
(3)編集後記
++-----------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
++-----------------------------------------------------------------------------++
【 人生を豊かに紡ぐ時間の作り方 】

「二月は逃げる」と例えられたりして
他の月より速く過ぎた気がします。
28日までしかないし、
「新年、始まったところだと思っていたのに」
…そんな思いで急かされる月でもあります。

片や
ゆ〜ったり一人旅に出た人が
ネットにアップする写真を目にすると
人それぞれ、時間の流れは違うのだ
…と時間管理の上手さに脱帽しきりです。

自分の時間は自分のもので
自己管理下にあります。
それなのにコントロールは難しい。

誰にとっても
限りある時間は重要です。

このことを
しっかり意識しながら過ごす人生、
無意識に過ごし、いつの間にか終わる人生、
質は自ずと違ってきます。

人生の後半に入って久しい私にとって
時間の使い方は切実な問題です。

大げさかもしれないけれど、
いつ終わりが来ても
「まあまあイイ人生だったな」と
感じられるような日々を紡いでいきたいです。

そんな思いでココからは
その手立てのヒントをお伝えします。
あなたの毎日について振り返りながらお読み下さい。

さて毎日…
と言われても自分ではつかみづらいものです。

そこでまずは、
日々の行動を4項目に分けてみましょう。
項目ごとに3つほど例を挙げています。
参考になさってください。

1)緊急で重要なこと
・仕事
・毎日の家事
・子どもの世話

2)緊急ではないけど重要なこと
・家族との団らん
・健康づくり
・自己啓発、自己研鑽

3)緊急だけど重要ではないこと
・ラインの返信
・無計画なランチの誘い
・思いつきの行動

4)緊急でもないし重要でもないこと
・無計画に観るTV、ゲーム
・ダラダラする
・おやつの食べ過ぎ

項目ごとに分けられましたか?

ではその次に
その行動は、どの順で行動に移されているでしょう?
1の「緊急で重要」は、
誰もが最優先にしていますね。

問題はココからです!
1の次に
3の「無計画な行動」や
4の「欲求に任せた怠惰な行動」
....をやっていませんか?

2の「緊急ではないけど重要なこと」の
実行度はどうでしょう?

・大切な人とのくつろぎの時間
・健康づくり
・自己啓発、自己研鑽

これらをやらなかったとしても日々の暮らしに
大きな支障はないかもしれません。
しかし、これをなおざりにしていると
満たされない感覚が押し寄せてくるのです。

1でいっぱいいっぱいになっていたり
1の必須事項以外は
ついつい3や4で埋め尽くされてしまっている。

そうなると
「やらされ感」や「忙しいだけで実のない時間」が
重なり、豊かな人生とは逆のところに連れて行かれます。

さて、あなたにとって2の項目は
どんな内容があがっているでしょう?

▼ちなみに私の2の行動はこんな感じです。
・ストレッチ運動(毎朝5分)
・読書(毎朝15分〜)
・新聞を読む(毎朝5分&#12316;)
・ワンコだけを思いながら抱っこする
・ツイッター、FB(朝・昼食後・寝る前のみ)
・劇場での映画鑑賞(←これは難しいです)

SNSは4番に入りそうですが、
時間を決めて見ることで2番に入れています。

私はこれらを決めておかないと
寝るし、食べるしグダグダになります。

加えて、この項目の実行度アップのため
オンライン版10年日記にチェック項目として入力しています。

これまた、このぐらいしないと私は
「明日から実行」と怠惰になってしまうのです。

この4項目を下記URLに図示しています。
あなたの行動を項目分けする時の頭の整理に
活用なさってください。

http://wp.me/a68Iy5-Dz

++-----------------------------------------------------------------------------++
(3)今月のブログ
++-----------------------------------------------------------------------------++
▼ブログはTwitterの補足などを綴っています。
ブログは↓↓こちらからご覧頂けますます。
 http://reborn.jp/blog 


・媚びない関係
・好奇心のままに….
・やっぱりワンコとウマが合う。
・迷惑かけないように….の背後にあるもの
・最近の大江千里から
・私の子育ては、ワンコとのふれあいで
・死の宣告、あなたならどうする?
・知っておきたい犬の心理

▼こころの辞書はこちらからどうぞ。
 


▶Twitter:REBORNのツイート♪ 

++-----------------------------------------------------------------------------++
(3)編集後記
++-----------------------------------------------------------------------------++

これまでの気分を引きずるか、心機一転新たな気分を呼び込むか....

自分次第なのだけれど、それが難しいのですねぇ。
今月号は誕生日(3/3)を前に時間管理について呟いていますが、

読んで下さるあなたへというより私自身への注意喚起です。
オリンピック選手と比較なんてできないけど同じ人間であることは間違いなく、

万分の一でも彼らの優先行動の姿勢を見習いたい。
自分を諦めず、なにを大切に生きたいか?
再確認する2月末です。

posted by: リボーン | - | 22:50 | - | trackbacks(0) |-
生きやすさのヒント!(出会いの場面を緊張から好感へ)

++-----------------------------------------------------------------------------++
新年明けて1か月、どんな日々を過ごされていますか?

たった1ヶ月の間に色んなことが起こっています。
これまでは考えられなかった通貨など、新たなものの出現に驚き

ながらも、日々を大切に丁寧に過ごしていきたい思いを強くしています。
読者のあなたにも、便りをお送りする私にもいろんな思いが巡る1年に

なると思います。
忙しい日々の中、チョッと立ち止る時この便りをお供にして頂けると

幸いです。今年もどうぞよろしくお願い致します。
++-----------------------------------------------------------------------------++

++-----------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
(2)今月のブログ
(3)編集後記
++-----------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
++-----------------------------------------------------------------------------++
【出会いの場面を緊張から安心へ】

初めての場は緊張する….とか
人の輪に入るのが苦手だ….
というのをよく聞きます。

一方、
初対面の人とは気楽に話せるけれど
回数を重ねると、かえって関係を築くの
が難しくなるという方もいます。

人との関係が築かれる時、
私たちの気持ちはどのように動いているので
しょう?....これがわかると、人づき合いの
始まりが少し楽になるかもしれません。

それでは、あなたが経験してきた出会いの
場面を振り返りながら読み進めて下さい。


■私たちの人間関係は順調に進めば下記の
 ような順をたどり築かれていきます。


1)緊張 → 2)安全 → 3)安心 
4)好感 → 5)信用 → 6)信頼

1)出会いの時、多少の違いはありながら、
誰しも無意識でも「緊張」が生じています。

2)その後、相手(場)の様子に冷たさや疎
外感などアウェイなものを感じず「安全」だ
と感じられれば

3)ひとまず「安心感」が得られます。

4)それに加え、相手(場)から温かさが
伝って来ると「この人(場)いい感じだなぁ」
....と「好感」につながります。

上記を経て5,6の信用や信頼へと辿り着きま
す。

そこで、
今回お伝えしたいのは、いきなり信用・信頼
の段階へ進むのは難しいけれど、4(好感)
もしくはその手前くらいの段階を意識して
関係を進めてみませんか?
....というお話です。

■ではまず、質問です!
 慣れない人や場に対し、私たちはなぜ
 リラックスが難しいのでしょう?


「当たり前でしょ、慣れてないからよ」
....という声も聞こえてきそうですが、
慣れてないとなぜリラックスできないので
しょうか?

それは、相手をよく知らないからです。

要するに、
「相手を知らない」というのは
相手の「普通(ルールや常識)」がわから
いという意味です。
「相手の普通」と「自分の普通」のギャップが
どのくらいかがわからないと不安なものです。

相手の気分を害さず、
この場にふさわしい態度がわからない間は
迷いが生じやすいということです。

例えば、
つき合いの浅い人のお宅へ初めてお邪魔した
時「楽にしてね」と言われても
どの程度楽にしたらいいのか少し戸惑います
よね。

また、新しい職場で、
定時が17時だとしても
 ・17時丁度に退社するのか?
 ・5分後なのか?
 ・はたまた、周囲の様子を見計らう必要が
  あるのか?

明文化された事とは別に、その相手(場)の
やり方を知るまで気持ちが落ち着きません。

組織ではその組織特有の、
個人ではその人独自の傾向など
一般常識とは別に
“見えないルールや決め事”が存在します。

これは時間をかけて徐々に出来上がるものが
多く、当人(組織)自身、意識しにくいもの
です。そして、そのルールが他者に犯されて
初めて気がつくこともあります。

このように私たちの間には明文化されていな
いけれど、それに反すると集団の場では浮い
てしまったり、個人レベルでは驚かれたり、
気分を害することもあります。

■ではこれらの段階を順調に進めるため
 具体的にどんな手立てがあるのでしょう。


1)緊張を解く
手っ取り早い方法は、笑みを浮かべること。
大笑いではなく、口角を少し上げて爽やかに
微笑む程度がよい感じです。自分で自分の顔
は見えないので無意識の内に眉間にシワが
寄ったり、目つきが険しくなっていることが
あります。これを意識しうまくいくと印象も
変わり、互いに緊張が解れやすくなります。

2)安全
個人レベルでは、「笑み」で安全感も伝わり
ます。また、あなたが集団側に居る場合、笑
みに加え集団の現状(情報)を軽く伝えてあ
げるのが効果的です。これは、相手が具体的
に理解出来なくても大丈夫です。こうした心
遣いで相手には自分が大切に扱われているこ
とが伝わりやすくなります。

3)安心
これは「1対1」でも「1対多」でも、
「反応する」とういことがポイントです。
要するに無反応で居ない....ということです。

相手の発信やその場の問題に対し、
直接的な発言はできなくても、
うなずいたり「そうそう」「そうかなぁ?」
「わからないなぁ」等、自分の心境を表現する
という意味です。

人は相手のことがわかりにくいと不安になっ
たり、悪意を感じたりすることがあるからです。
ここまで終えれば、ひとまず出会いの場は
クリアです。

誰もが出会いと別れを繰り返しながら、人生
を織りなしていくわけですが、初めの段階を
スムースに通過できると人との出会いも楽し
くなります。

次の段階「4:好感」については
あなた自身が、相手に対し
「波長が合う・話しやすい・話してみたい」
など好意的な感覚を持てば、自己開示しなが
ら相手との距離を縮めていきましょう。この
段階での自己開示は、自分を小出しにするの
がポイントです。
これ以降の段階はまたの機会にお伝えします。
まずは、段階4までを意識してみて下さいね。

++-----------------------------------------------------------------------------++
(3)今月のブログ
++-----------------------------------------------------------------------------++
▼ブログはTwitterの補足などを綴っています。
ブログは↓↓こちらからご覧頂けますます。
 http://reborn.jp/blog 


・小室哲哉のファンではないけれど
・私の誓いを強くするもの
・オンラインで多様なつながり方
・大人のしゃべり場
・明けましておめでとうございます。

▼こころの辞書はこちらからどうぞ。
 


▶Twitter:REBORNのツイート♪ 

++-----------------------------------------------------------------------------++
(4)編集後記
++-----------------------------------------------------------------------------++
書くことで思考を整理したり、確認するよう
にしているのにそれがままならないと
ストレスを感じます。時間に流されてる感が
情けなくなったりします。
…なのですが、年末このメルマガで呼びかけた

「念頭の誓い応援メール」へ参加下さった方へ
の返信はブログに転載しました。
怠け癖の強い私にとって、
読者からのリアクションはとても励みになるも
ので、本当にありがたいです。
2018年も引き続き宜しくお願いします。
m(_ _)m

posted by: リボーン | - | 23:45 | - | trackbacks(0) |-
生きやすさのヒント!(108)変わりたいけど変われない時の第一歩

++-----------------------------------------------------------------------------++
カウンセリングルームRebornでは、心に寄り添うことでその方の今後の
方向性を一緒に考えさせて頂くお手伝いをしています。
つまづきを感じたり、辛くて動けなくなったり、心の整理が必要になった時、
思い出して頂けると嬉しいです。
++-----------------------------------------------------------------------------++

++-----------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
(2)お知らせ
(3)今月のブログ
(4)編集後記
++-----------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
++-----------------------------------------------------------------------------++
【変わりたいけど変われない時の第一歩】

人が「変わりたい!」と願う時、
そこには向上心や人生開拓の気持ちが宿って
いる…そのように感じます。

【「このままの自分でいい」と自身にOKを
出す自己肯定感】と【人として成熟する変化
を願う向上心】はセットになっているように
思います。

そこで今年最後のつぶやきは、
【 ココを意識すると必ず変化が起きる!】
…と私自身が気をつけていることを綴ります。

< 変化のためにどこへ意識を向けるのか?>

まずは
相手や状況、自分自身を
「責めている気持ち」
「批判している状態」に気づくことから始
めます。

気分がネガティブに傾く時
人は他人を批判したり、自分を責める方向に
気持ちを向けていることが多いです。

そして、
それを意識できず、その気持ちのまま
相手や自身との関わりを続けてしまいます。

相手や自分に攻撃の刃を向けたままの関わり
は冷たく、ぎこちなく、結果的に寂しいも
のになりがちです。

そんな経過は居心地が悪いはずなのに
・責めていることを意識できなかったり、
・批判して当然だ....と無意識に思っている
ことでこの状態は持続し、成熟の変化から遠
ざかります。

そこで、気分が落ちている時、
こんなふうに振り返ってみましょう。

  自分は誰か (何か) を
   →責めていないか?
   →批判していないか?

そうして、それをしていることに気づいた後
どうすればよいのでしょうか?

それは
< 相手との間に築きたい関係性を考える >
....方向に意識を向けます。

1. 子どもとして支えていきたい相手 (親)
2. 親として見守り、支えたい相手 (子)
3. 人生を共に歩む相手 (パートナー)
4. 毎日協働する相手 (同僚など)
5. 心の内を分かち合う相手 (親友など)
6. 断絶も止む無しと思っている相手

6の他はそれぞれの距離感で付合いを続けて
いきたい、また行かねばならない関係です。

その関係性によってそれなりの温度や距離を
保つにはどう関われば良いのか?….という
思考に意識を向けていくことが必要です。

これを意識せず、感情のままに刃を向けてい
ると心は閉じ、軽やかさは失われます。

しかし、そうは言っても気持ちの持っていき
ようは難しいものです。
誰しも相手を批判したり、自責してしまう
ことはあります。

こんなことを書いている私も、つい先日
納得できない思いを友人に愚痴っていました。
その思いは、相手を責め自分を正当化するもの
でした。友人はふんふんと聴いてくれます。
しかし、少し気持ちは軽くなるものの、腹立た
しさはそのままです。

そこで自分を少し離れた所から眺めてみました。
・相手に批判の目を向けていないか?
・相手を悪者にして自分を被害者にしていな
いか?…と。

振返ってみて悪循環に気づいたあと、私は
「相手とどんな関わりを持ちたいのだろう?」
とそちらに意識を向けるようにしました。

そうすると
イライラが解消するまでには至りませんが、
気分はグンと変わりました。

そういう経験を繰り返す中
私は、責めや批判の気持ちは誰にでもあるこ
ととして考え、批判しないことよりも、
そういう気持ちが湧いた時の対処法を知って
おくことの方が大切だと感じるようになりま
した。

その術を持っていることは自責・他責の悪循
環から抜け出す道につながっていると感じる
からです。

ネガティブな感情に陥るものの、その時間を
できるだけ短縮し、引きずらない!

2018年もこの意識を立て、忘れては思い出し
…を繰り返しながら、ぼちぼち歩んでいきた
いと思っています。

参考ページ:つながり方の質
++-----------------------------------------------------------------------------++
(2)お知らせ
++-----------------------------------------------------------------------------++
★2018年★
「あなたの“ 誓い ”応援メール」を
            実施します♪

昨年に引き続き、あなたが「自身との約束」
を守るお手伝いをさせて頂きます。

自身につぶやく年頭の誓いは時が過ぎる中で
どうしても忘れがちになります。
そこで、その誓いをREBORNが不定期に
メール送信します。それを見て誓いを思い出し、
実現への確率をアップさせて頂こう!という
ものです。

2018年大晦日に「こうなって居たい自分」
をイメージして誓い(自分との約束)をひと
つ、下記フォームにお送りください。
応援メールフォーム

※投稿期限:2018年1月15日 24:00

▼どんなふうに考えよう…という方は
 下記のつぶやきを参考にどうぞ。
 → 2016年12月のつぶやき

++-----------------------------------------------------------------------------++
(3)今月のブログ
++-----------------------------------------------------------------------------++
▼ブログはTwitterの補足などを綴っています。
ブログは↓↓こちらからご覧頂けますます。
 http://reborn.jp/blog 
・オンラインシェア会第三夜
・愛犬に娘重なる
・「わたしの弟」…こころ緩む作文
・お話しのロウソクは夜更けまで…大人のカタリバ
・楽しみに読んでるweb季刊誌

▼こころの辞書はこちらからどうぞ。
 


▶Twitter:REBORNのツイート♪ 

++-----------------------------------------------------------------------------++
(4)編集後記
++-----------------------------------------------------------------------------++
2018年は戌年。干支が戌の年の年賀状は愛犬
の写真を大きく真ん中にプリントできる…と
楽しみにしていたことを思い出します。
12/30は前の愛犬の命日。虹の橋を渡ってから
2年が経ちます。

悲しく寂しい思いの真っ只中に居る時は、
このつらさは明けることがあるのだろうか?
…とどうしようもない思いに包まれることがあります。
でも、どんな悲しみも明けるのですね。
悲しみが全くなくなることはないけれど
前を向くことでつらさは徐々にサイズダウンします。

2018年も色んな思いが行き交うと思いますが、
悲しみや期待通りにならない事すら力に変えて
進んでいきたいと思います。

最後までお読み下さりありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

posted by: リボーン | コミュニケーション(人間関係) | 12:37 | - | trackbacks(0) |-