Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
プロフィール

足立 かよ子
大阪府堺市で女性専用のカウンセリングルームを運営しています。
プロフィールはこちら>>

◆おすすめリンク◆
カウンセリングをご検討中の方へ
カウンセリングを迷っておられる方は検討材料にご覧ください
>>>ご検討中の方へ

つぶやきタイトル集♪
2009年4月からのつぶやきを集めています>> タイトル集
著書紹介

がんばりすぎる人の「心のゆるめ方」〜自信を育て、幸せに導く小さな習慣〜
PHP研究所 価格:1,260円

PHPスペシャル'13.10月号に掲載されています。

フェイスブック
私の本棚
備忘録のような感じでアップしています
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
生きやすさのヒント!(89)「生きる」ということ
++-----------------------------------------------------------------------------++
カウンセリングルームRebornでは、心に寄り添うことでその方の今後の
方向性を一緒に考えさせて頂くお手伝いをしています。
つまづきを感じたり、辛くて動けなくなったり、心の整理が必要になった時、
思い出して頂けると嬉しいです。
++-----------------------------------------------------------------------------++

++-----------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
(2)お知らせ
(3)今月のブログ
(4)編集後記
++-----------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
++-----------------------------------------------------------------------------++
【 「生きる」ということ  】
 
「人は生かされている」
このフレーズ
一度は聞いたことがあるかと思います。

この意味は
人生の時々で少しづつ
受け止め方が変わってくるのではないか
…と思うようになりました。

迷った時
悲しい時
窮地に陥った時

「生きる」ことについて探るように考えながら
その人なりの生かされ方にたどりつくのだろう
と捉えるようになったからです。

「生きていく」というのは
積極的に人生を切り拓いていくイメージがあります。

しかし、今回のような大災害を目の当たりにすると
「生きる」こと自体、
制御できない、そして思い悩むのとは違う次元の話の
ような思いに駆られます。


生きるのがつらくなった時
「何のために生きているのだろう?」と
あなたも一度くらいは心の中でつぶやいたことは
ありませんか?

このフレーズが湧いてくるのは
進む道を見失っている
迷っている
…まさにそんな状態だと思います。

果たすべき役割がわからなくなり
立ち尽くしている状態
…という感じでしょうか?

しかし、進む道が定まれば
少々困難だと想っても
「これが私の役割なのだ」と
それを主体的に捉えられると
あと必要なのは勇気と方法です。

これを読んで下さっている人の中に
役割を持たず生まれてきた人はいないはずです。

今、役割が見つからない人は
多くの選択肢の中で迷っているのかもしれません。
また、見つかってはいるけれど
それを実行するには能力がついていかない…と
自信を失っているのかもしれません。

見つかっていない状態ならば
こう考えてはどうでしょう?

自分が望む望まないにかかわらず
託されていると感じることはないか?
と周りを見渡してみる。

そして、それに取り組むにあたり
自信が持てないかもしれない。
始めは気に沿わないかもしれない。

でも、自分の思いの及ばない所から
与えられたものと捉えてみるとどうだろう?
託されごととして受け止め
誠実に務めて(努めて)みるという道も考えられないだろうか?

さて、
あなたの周りには何か見えてきませんか?

++----------------------------------------------------------------------------++
(2)お知らせ
++----------------------------------------------------------------------------++
■おとなの読書会

リボーンの読書会は和やかな中にも生き方に通じる話が展開されます。
「わかっているけどやめられない」「一歩踏み出せない」など周囲との和を
考えるからこそできないおとな女子の気持ちを分かち合う場です。


日 時:4月28日 午前10:30〜12:00頃
場   所:カウンセリングルームREBORN
参加費:500円
※5月開催も最終週の木曜日になると思います。
ご都合があえばどうぞお越しください♪
読書会
お問合せ・お申し込みはこちらへ>>

++-----------------------------------------------------------------------------++
(3)今月のブログ
++-----------------------------------------------------------------------------++

■ブログはこちらから⇒気づきblog

・ほほぅ〜と心が温かくなった貼り紙
・マナーってなに?…あなたは答えられますか?
・生きるための命綱

■こころの辞書はこちらから⇒辞書
こころの辞書
++-----------------------------------------------------------------------------++
(4)編集後記
++-----------------------------------------------------------------------------++
「思いを馳(は)せる」…このフレーズ、今朝のラジオで耳に残りました。
朝食の準備中、何か温かいものを感じ手が止まったのです。
意味を調べると「自分と離れているものに思いを巡らすこと」と書かれていました。
震災への直接支援ができない状態であっても、忘れることなく日々の中でできる
ささやかなことを誠実に務める…これが「思いを馳せる」につながるのかも…と。
始まったばかりの支援活動は、長期間に及ぶことを思うと、細く長く思いを
馳せながら自分ができるタイミングで何かお手伝いすることを考えたい。
posted by: リボーン | 人生 | 12:41 | - | trackbacks(0) |-
この記事のトラックバックURL
http://otayori.reborn.jp/trackback/112
トラックバック