Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
プロフィール

足立 かよ子
大阪府堺市で女性専用のカウンセリングルームを運営しています。
プロフィールはこちら>>

◆メールマガジン登録◆
生きやすさのヒント!(月1回)を配信します。
▼メールアドレスをご入力下さい
カウンセリングをご検討中の方へ
カウンセリングを迷っておられる方は検討材料にご覧ください
>>>ご検討中の方へ

つぶやきタイトル集♪
2009年4月からのつぶやきを集めています>> タイトル集
著書紹介

がんばりすぎる人の「心のゆるめ方」〜自信を育て、幸せに導く小さな習慣〜
PHP研究所 価格:1,260円

PHPスペシャル'13.10月号に掲載されています。

フェイスブック
私の本棚
備忘録のような感じでアップしています
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
生きやすさのヒント!92(みずみずしいあなたで居続けるために)

++-----------------------------------------------------------------------------++
カウンセリングルームRebornでは、心に寄り添うことでその方の今後の
方向性を一緒に考えさせて頂くお手伝いをしています。
つまづきを感じたり、辛くて動けなくなったり、心の整理が必要になった時、
思い出して頂けると嬉しいです。
++-----------------------------------------------------------------------------++

++-----------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
(2)今月のブログ
(3)編集後記
++-----------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
++-----------------------------------------------------------------------------++
【 みずみずしいあなたで居続けるために】

あなたが今

「大切にしているのはどんな時間ですか?」
「大切にしていることは何ですか?」
「大切にしている人は誰ですか?」

 

この質問にどんなふうに答えますか?

 


答えられなくても
生きてはいけるけれど
これらを意識できていると
日々が瑞々しく感じられそう。

・・・


そう思いながらも
自分の内側を確かめるのって面倒。。。


一方
世の中を見渡すと
変化は速く
常識はどんどん
塗り替えられています。

・終身雇用制崩壊による多様な働き方

・男女という2つの性から
 LGBT認知による性の在り方

・育児は母親が中心でという考え方から
 両親支え合いの子育ての推奨

・手紙➝固定電話➝携帯電話
 ➝メール➝ライン

・紙の書籍➝電子書籍

…他多くの
押し寄せる変化に
うまく乗っている人
どうにかついていく人
置いて行かれた感のある人


世の中の流れに柔軟に対応していくことが
うまく生きていくコツなのだろうけれど

なんだか息切れしてしまいそう。。。

そう言いつつも
時代に流されず、ついていきたい私たち。

その時に大切なのが
内と外に向ける心のバランス。

自分の流れは
自分しか読み取れず
それを
後回しにしていると
アッという間に時は過ぎてしまうから。

「え?もうこんな歳!」

…と時代の流れの速さに
負けないぐらい
人生の流れも速い。

暑さに思考がかき消されそうな夏

時折感じる涼風の中、我に返る。


この季節は
旅行やイベントを楽しむのもヨシ。

けれど
ゆったり涼をとりながら
自分の心の引き出しの中を
確かめる時間にあててもイイかな。


こんなふうに書いている私自身が
先の問に答えられるか?といえば
ハッキリしません。

自分と向き合うのは
面倒だし厄介だし
迷路に入りそう。。。

ただ、
これらのことをスルーしないで
時々は自分に立ち返る時間を
持つこと自体に意味を感じます。

時間がない…とバタバタしている人
胸がザワザワしている人
自分軸を確認したい人

そんな人は特に
問うてみませんか。

「大切にしているのはどんな時間ですか?」
「大切にしていることは何ですか?」
「大切にしている人は誰ですか?」

そしてこれから
「大切にしたい時間はどんな時ですか?」
「大切にしたいことは何ですか?」
「大切にしたい人は誰ですか?」
 

++-----------------------------------------------------------------------------++
(3)今月のブログ
++-----------------------------------------------------------------------------++
■ブログはこちらから⇒気づきblog

・今日という日は、これからの私の人生の 始まりの日
・娘からの相談
・心の不自由を軽やかに切り替える一瞬の思い
・たった一度で信頼を築く
・子育ては思い通りにいかない方がイイ
・自分軸は心の錯覚を見極めることから…
・人間関係が苦手という方、黒っぽい服を着ること多くないですか?
・「私ってダメな人間だ」…と思ったらやってみること
・そのメッセージ、本当に伝わっていますか?


■こころの辞書はこちらから⇒辞書
こころの辞書
++-----------------------------------------------------------------------------++
(4)編集後記
++-----------------------------------------------------------------------------++
REBORNは明日8月1日に開業10年を迎えます。
そこで、私がつい先日経験した出来事を
この期の挨拶に代えさせて頂きます。

出来事と言っても、
日常的なささやかなことからなのです。

先日、ちょっとご無沙汰の友人に
「用事はないけど声が聴きたくて…」
とラインをしました。

その夜、話ができました。
1時間ほどの語らいです。

電話を切ってから時間が経つにつれて、
湧き上がるモヤモヤを感じました。

それは....
自分が話したいことを全く話せず、
胸に何かつかえる異様な感覚です。

近況報告や浅瀬のお困りごとなどは話せたのに、
今、自分が聴いてほしかった傷つきや辛いことを
言い出せなかったのです。

心頼みにしている友人であり
相手が話させなかったのではなく、
私が話せなかったのです。

なぜ話せなかったのか?

それは....
「わかってもらえないかもしれない…、
 私の立場に立ったことがないのだから」と
 その時は意識できず言葉にもならない思いでした。

そうして、自分の哀しい意識に気づいた時、
想いました。

この10年間でお会いしたクライエントさんについてです。

これまでREBORNに来て下さった方もこのような思いを抱いて、
本当におっしゃりたいことを言えずにREBORNを後にされた方は
どのくらいいらっしゃったのだろう?…と。

帰りの玄関でポロッとつぶやかれた一言
3,4回目の来談でやっと口にされた出来事
大したことではないんですけど…と前置きし、語られた一件

それらの中に深い苦しみが隠れていることにハッとした経験は
少なくありません。

どんなタイミングであっても
伝えて下さったことに感謝
そして
言えずにREBORNをあとにした方には
言葉にならない懺悔の思いが残ります。

10年目を迎えるにあたり、
私自身がこの経験をしたことは、特別な意味を持ちます。

これを今後の対人援助に大きな戒めとして留め、
いついかなる時も共に感じようとする努めを怠らないよう
胸に刻みこれから続く道を歩ませて頂きたいと思っています。

REBORNとご縁をつないで下さった方
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

posted by: リボーン | - | 21:24 | - | trackbacks(0) |-
この記事のトラックバックURL
http://otayori.reborn.jp/trackback/117
トラックバック