Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
プロフィール

足立 かよ子
大阪府堺市で女性専用のカウンセリングルームを運営しています。
プロフィールはこちら>>

◆メールマガジン登録◆
生きやすさのヒント!(月1回)を配信します。
▼メールアドレスをご入力下さい
カウンセリングをご検討中の方へ
カウンセリングを迷っておられる方は検討材料にご覧ください
>>>ご検討中の方へ

つぶやきタイトル集♪
2009年4月からのつぶやきを集めています>> タイトル集
著書紹介

がんばりすぎる人の「心のゆるめ方」〜自信を育て、幸せに導く小さな習慣〜
PHP研究所 価格:1,260円

PHPスペシャル'13.10月号に掲載されています。

フェイスブック
私の本棚
備忘録のような感じでアップしています
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
生きやすさのヒント!(99)人生の車輪と「忙しさの“ 質 ”」

++-----------------------------------------------------------------------------++
カウンセリングルームRebornでは、心に寄り添うことでその方の今後の
方向性を一緒に考えさせて頂くお手伝いをしています。
つまづきを感じたり、辛くて動けなくなったり、心の整理が必要になった時、
思い出して頂けると嬉しいです。
++-----------------------------------------------------------------------------++

++-----------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
(2)今月のブログ
(3)編集後記
++-----------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
++-----------------------------------------------------------------------------++
【人生の車輪と「忙しさの“ 質 ”」】

「忙しい」という漢字は
「心」を「亡くす」…と読み解くことができる。
…そんなふうにきいたことがあります。

若い頃は
「へ〜、そうなんだぁ」程度の思いでした。

それが、中年期を過ぎた頃から
別の捉え方をするようになりました。

それは
「忙しさ」にも“ 質 ”がある…ということ。

そして、その質を見極めずに過ごしていたら
人生が取返しのつかない方向へ流れてしまうという怖さについてです。

その一つ目を
目的(願望)に向かう質の高い「忙しさ」とします。

例えば
好きな仕事に就き、
それをすること自体が目的につながり
多忙にも充実感を得ている状態。

これに対し二つ目は
単にバタバタと動き回り
実の無い内容で時間が埋め尽くされ
「深く考えずに動いている」状態。
コレを質の低い「忙しさ」とします。

例えば、
雑務に追われ身体だけが疲れてしまい、
振り返ると
「何してたんだろう?」と虚しさが襲う状態。

もし就職先について表面的な条件のみで選択し、
それを満たすためだけに勤務していたとしたら、
慌ただしさに不満を感じるかもしれません。

与えられる時間は同じでも
その“ 質 ”はそれぞれ違います。

それは、仕事の内容がどうか?…というより、
自分のしていることに意味を見出せるか否か?
…ということです。

たとえどんな仕事内容でも、
それに意味を見出す姿勢で関われたら、
自分の存在価値が感じられ
モチベーションもアップしやすいです。

逆に重要な仕事であっても
本人が意味を見い出す姿勢なく取り組んでいるなら、
それは時間の消費でしかなくなります。

ここで言う「意味を見出す」とは
・他者貢献
・自己開発
・自己成長
…を意味します。

そういう視点で質の低い「忙しさ」は
「考えずに動く」状態とも言え
『「心」を「亡くす」こと』…という解釈に至りました。

考えない間に時間が埋まる…という点では、
身体は疲れるけれど、
心理面は大して疲労しません。

だからと言って、
いつもいつも
目的を探したり
意味を見出すのは正直しんどいです。

そこで必要なのが2つの思考の使い分けです。

歳を重ねると私たちは
/誉献好僖鵑了弭佑
日々を乗り切る思考
…この2つを持って歩みます。

まず
人生の節目では
,痢嵜誉献好僖鷸弭諭廚鮖箸い泙后
現在歩んでいる道が
願望へ続くルートに間違いはないか?
それがOK!なら、
そのルートを進むため
△痢崙々を乗り切る思考」を使います。

こう考えると
子どもの頃のように
△痢崙々を乗り切る思考」だけを
使っているわけにはいかない私たち
大人は大変なのだと思います。

「人生スパン思考」を使っている時は
身体は動かさないけれど
心理面で脳に汗をかくかもしれません。

そして
その状態から逃げ出したくなって
願望ルートを確認しないまま
「日々を乗り切る思考」に乗り換え
時間を埋めるための「質の低い忙しさ」に
自分を委ねてしまう。
…そんな事態もあるでしょう。

しかし、もし
△世韻膿覆鵑任い襪函
中年期以降はこれがズシ〜ン!と
重く頭をもたげるのです。

そういうわけで
「忙しさ」の意味を知り
「忙しさ」の質を振り返ることは
誰もが一度は取り組む必要のある課題なのだと思います。

心身ともに豊かな人生を歩むためにも
,鉢△領称悗必要です。

さて、あなたの人生の車輪は
…今どんな感じですか?

関連記事
迷いの時を乗り越える
++-----------------------------------------------------------------------------++
(2)今月のブログ
++-----------------------------------------------------------------------------++
コチラからご覧いただけます>>>気づきBlog

・発達障害という歪まない特性
・母親のプレゼンで子は育つ
・心を分かち合える人はいますか?
・自分の残り時間
・『“便利” が “当然”』に感謝の気持ちは遠ざかる
・未知の自分に出会う方法
++-----------------------------------------------------------------------------++
(3)編集後記
++-----------------------------------------------------------------------------++
先日、2人の友人(42歳女子)がほぼ同時期に結婚が決まりました。
付合い始めたのも同時期(約半年前)年齢も同じ、苗字も同じ。年下の彼…と
いうのも同じ。まあこれは偶然の一致。でも、もう一つ大きな共通点がありました。
それは、2人ともしっかりと目的を携えていたということ。欲しいものを短期間に
掴み取った彼女たちに拍手を贈りながら、「目的を明確にするとホント現実化が
早いなぁ」とつくづく感嘆の私でした。

posted by: リボーン | 人生 | 11:05 | - | trackbacks(0) |-
この記事のトラックバックURL
http://otayori.reborn.jp/trackback/127
トラックバック