Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
プロフィール

足立 かよ子
大阪府堺市で女性専用のカウンセリングルームを運営しています。
プロフィールはこちら>>

◆おすすめリンク◆
カウンセリングをご検討中の方へ
カウンセリングを迷っておられる方は検討材料にご覧ください
>>>ご検討中の方へ

つぶやきタイトル集♪
2009年4月からのつぶやきを集めています>> タイトル集
著書紹介

がんばりすぎる人の「心のゆるめ方」〜自信を育て、幸せに導く小さな習慣〜
PHP研究所 価格:1,260円

PHPスペシャル'13.10月号に掲載されています。

フェイスブック
私の本棚
備忘録のような感じでアップしています
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
生きやすさのヒント!(108)変わりたいけど変われない時の第一歩

++-----------------------------------------------------------------------------++
カウンセリングルームRebornでは、心に寄り添うことでその方の今後の
方向性を一緒に考えさせて頂くお手伝いをしています。
つまづきを感じたり、辛くて動けなくなったり、心の整理が必要になった時、
思い出して頂けると嬉しいです。
++-----------------------------------------------------------------------------++

++-----------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
(2)お知らせ
(3)今月のブログ
(4)編集後記
++-----------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんのつぶやき
++-----------------------------------------------------------------------------++
【変わりたいけど変われない時の第一歩】

人が「変わりたい!」と願う時、
そこには向上心や人生開拓の気持ちが宿って
いる…そのように感じます。

【「このままの自分でいい」と自身にOKを
出す自己肯定感】と【人として成熟する変化
を願う向上心】はセットになっているように
思います。

そこで今年最後のつぶやきは、
【 ココを意識すると必ず変化が起きる!】
…と私自身が気をつけていることを綴ります。

< 変化のためにどこへ意識を向けるのか?>

まずは
相手や状況、自分自身を
「責めている気持ち」
「批判している状態」に気づくことから始
めます。

気分がネガティブに傾く時
人は他人を批判したり、自分を責める方向に
気持ちを向けていることが多いです。

そして、
それを意識できず、その気持ちのまま
相手や自身との関わりを続けてしまいます。

相手や自分に攻撃の刃を向けたままの関わり
は冷たく、ぎこちなく、結果的に寂しいも
のになりがちです。

そんな経過は居心地が悪いはずなのに
・責めていることを意識できなかったり、
・批判して当然だ....と無意識に思っている
ことでこの状態は持続し、成熟の変化から遠
ざかります。

そこで、気分が落ちている時、
こんなふうに振り返ってみましょう。

  自分は誰か (何か) を
   →責めていないか?
   →批判していないか?

そうして、それをしていることに気づいた後
どうすればよいのでしょうか?

それは
< 相手との間に築きたい関係性を考える >
....方向に意識を向けます。

1. 子どもとして支えていきたい相手 (親)
2. 親として見守り、支えたい相手 (子)
3. 人生を共に歩む相手 (パートナー)
4. 毎日協働する相手 (同僚など)
5. 心の内を分かち合う相手 (親友など)
6. 断絶も止む無しと思っている相手

6の他はそれぞれの距離感で付合いを続けて
いきたい、また行かねばならない関係です。

その関係性によってそれなりの温度や距離を
保つにはどう関われば良いのか?….という
思考に意識を向けていくことが必要です。

これを意識せず、感情のままに刃を向けてい
ると心は閉じ、軽やかさは失われます。

しかし、そうは言っても気持ちの持っていき
ようは難しいものです。
誰しも相手を批判したり、自責してしまう
ことはあります。

こんなことを書いている私も、つい先日
納得できない思いを友人に愚痴っていました。
その思いは、相手を責め自分を正当化するもの
でした。友人はふんふんと聴いてくれます。
しかし、少し気持ちは軽くなるものの、腹立た
しさはそのままです。

そこで自分を少し離れた所から眺めてみました。
・相手に批判の目を向けていないか?
・相手を悪者にして自分を被害者にしていな
いか?…と。

振返ってみて悪循環に気づいたあと、私は
「相手とどんな関わりを持ちたいのだろう?」
とそちらに意識を向けるようにしました。

そうすると
イライラが解消するまでには至りませんが、
気分はグンと変わりました。

そういう経験を繰り返す中
私は、責めや批判の気持ちは誰にでもあるこ
ととして考え、批判しないことよりも、
そういう気持ちが湧いた時の対処法を知って
おくことの方が大切だと感じるようになりま
した。

その術を持っていることは自責・他責の悪循
環から抜け出す道につながっていると感じる
からです。

ネガティブな感情に陥るものの、その時間を
できるだけ短縮し、引きずらない!

2018年もこの意識を立て、忘れては思い出し
…を繰り返しながら、ぼちぼち歩んでいきた
いと思っています。

参考ページ:つながり方の質
++-----------------------------------------------------------------------------++
(2)お知らせ
++-----------------------------------------------------------------------------++
★2018年★
「あなたの“ 誓い ”応援メール」を
            実施します♪

昨年に引き続き、あなたが「自身との約束」
を守るお手伝いをさせて頂きます。

自身につぶやく年頭の誓いは時が過ぎる中で
どうしても忘れがちになります。
そこで、その誓いをREBORNが不定期に
メール送信します。それを見て誓いを思い出し、
実現への確率をアップさせて頂こう!という
ものです。

2018年大晦日に「こうなって居たい自分」
をイメージして誓い(自分との約束)をひと
つ、下記フォームにお送りください。
応援メールフォーム

※投稿期限:2018年1月15日 24:00

▼どんなふうに考えよう…という方は
 下記のつぶやきを参考にどうぞ。
 → 2016年12月のつぶやき

++-----------------------------------------------------------------------------++
(3)今月のブログ
++-----------------------------------------------------------------------------++
▼ブログはTwitterの補足などを綴っています。
ブログは↓↓こちらからご覧頂けますます。
 http://reborn.jp/blog 
・オンラインシェア会第三夜
・愛犬に娘重なる
・「わたしの弟」…こころ緩む作文
・お話しのロウソクは夜更けまで…大人のカタリバ
・楽しみに読んでるweb季刊誌

▼こころの辞書はこちらからどうぞ。
 


▶Twitter:REBORNのツイート♪ 

++-----------------------------------------------------------------------------++
(4)編集後記
++-----------------------------------------------------------------------------++
2018年は戌年。干支が戌の年の年賀状は愛犬
の写真を大きく真ん中にプリントできる…と
楽しみにしていたことを思い出します。
12/30は前の愛犬の命日。虹の橋を渡ってから
2年が経ちます。

悲しく寂しい思いの真っ只中に居る時は、
このつらさは明けることがあるのだろうか?
…とどうしようもない思いに包まれることがあります。
でも、どんな悲しみも明けるのですね。
悲しみが全くなくなることはないけれど
前を向くことでつらさは徐々にサイズダウンします。

2018年も色んな思いが行き交うと思いますが、
悲しみや期待通りにならない事すら力に変えて
進んでいきたいと思います。

最後までお読み下さりありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

posted by: リボーン | コミュニケーション(人間関係) | 12:37 | - | trackbacks(0) |-
この記事のトラックバックURL
http://otayori.reborn.jp/trackback/138
トラックバック