Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
プロフィール

足立 かよ子
大阪府堺市で女性専用のカウンセリングルームを運営しています。
プロフィールはこちら>>

◆おすすめリンク◆
カウンセリングをご検討中の方へ
カウンセリングを迷っておられる方は検討材料にご覧ください
>>>ご検討中の方へ

つぶやきタイトル集♪
2009年4月からのつぶやきを集めています>> タイトル集
著書紹介

がんばりすぎる人の「心のゆるめ方」〜自信を育て、幸せに導く小さな習慣〜
PHP研究所 価格:1,260円

PHPスペシャル'13.10月号に掲載されています。

フェイスブック
私の本棚
備忘録のような感じでアップしています
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
生きやすさのヒント!(112) 悩み相談の応えに困る時

++----------------------------------------------------------------------------------------++
カウンセリングルームREBORNでは、心に寄り添いお話しをお聴きしながら
より豊かに生きるための道すじを一緒に考えさせて頂きます。
つまづきを感じたり、辛くて動けなくなるなど、心の整理が必要になった時、
思い出して頂けると嬉しいです。
++----------------------------------------------------------------------------------------++


++-------------------------------------------------------------------------++
 りぼーんのつぶやき

++-------------------------------------------------------------------------++

【 悩み相談の応えに困る時 】

悩みを打ち明けられた時
どう反応すればいいのかわからなくて困ってしまう。
そういうことで、親しい友人はつくりにくい。

カウンセリングの中でこのように伺うことがあります。

悩んでいる相手に
・どう言ってあげたらいいんだろう?
・つらい時こそ力になる存在でありたい
・話して良かった….と感じてもらうには?

….など
困った中身を覗いてみるとこんなふうに
「役に立ちたい」という相手への思いと
「役に立つ存在でありたい」という
自己満足への思いが入り混じっていることがあります。

・純粋に相手の役に立ちたい自分
・役に立たない無力さを感じたくない自分

相手からの投げかけに応える私たちの心は
複雑で思い煩いがつきものです。

そこで今回は
返答に困る相談ごとへの向き合い方について綴りました。


例えば、悩みの内容が
人生の岐路や激しい落ち込みだったり
どう見ても八方塞がりの場合、
こちらも一緒に凹んでしまいそうになります。

そういう時、
問題そのものに焦点を当てるよりも
この悩みは、伝える相手を選んだ結果
あなたに語られていると想うとどうでしょう。
向き合い方が変わってくると思いませんか?

それというのは
人は誰にでも気持ちを明かせるわけではないからです。

例えば
悩みを打ち明けた時、相手から
→バカにされないか?
→弱い人だと思われないか?
→重い、面倒だ….と感じられないか?
などの想像が浮かぶと話せなくなります。

そういう思いを経た結果
語られたと想うと
相手とあなたとの関係性が見えてきます。

問題解決へのアドバイスに困るよりも
相手が「安心して悩める時間」を支える。

コレが正解!というのではありませんが、

向き合っているそのひと時
「今、そういう気分で居るんだね」…と
悩みの湯船に一緒に浸かっている感覚は
相手の安心感へとつながります。

問題(課題)は本人が引き受けなければ
なりませんが、それを話せる相手が
居てくれるというだけで気持ちが違います。

悩んでいる時、人は無意識のうちに
「私の気持ちは誰にもわからない」と
孤独になりがちです。

そんな時、同じ方を向いて
一緒に考えてくれることで孤独感はやわらぎます。

一方
→大丈夫よ
→私だったらこうするけど….
→あなたのことだからしっかりやれるよ
など、
問題を小さく見つもったり
自分の考えを押し付けたり
相手を過大評価しながら励ますと
「やっぱりわかってもらえない」と
寂しさにつながってしまいます。

どんなに思いやった言葉でも
相手がそれを受け容れられるかどうかは
わかりません。

そんな時
一見、無力のようにみえる
「共に居る」「共に考える」という
寄り添う態度は相手を大きく支えます。

そして
「役に立つ存在でありたい」という
自己満足の思いを満たすよりも
本当の意味で相手を支える態度は?....と
心を遣う思考はあなたの心の成長にもつながります。

こんなふうに考えられると
悩みに応える気持ちが負担から別のものに
変わって見えてきませんか?
++-------------------------------------------------------------------------++
 編集後記

++-------------------------------------------------------------------------++

ゴールデンウィークがスタートしました。
ニュースでは新幹線の乗車率や出国ラッシュが
伝えられています。そん中、私は通常通りです。
世の中の動きが一方向に向いたり
多くの人が同じ意見で一致、賛同する時
本当に大丈夫?...と用心する癖のある私。
GW後半もマイペースを確認しながら過ごす予定です。

posted by: リボーン | - | 21:52 | - | trackbacks(0) |-
この記事のトラックバックURL
http://otayori.reborn.jp/trackback/143
トラックバック