Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
プロフィール

足立 かよ子
大阪府堺市で女性専用のカウンセリングルームを運営しています。
プロフィールはこちら>>

◆おすすめリンク◆
カウンセリングをご検討中の方へ
カウンセリングを迷っておられる方は検討材料にご覧ください
>>>ご検討中の方へ

つぶやきタイトル集♪
2009年4月からのつぶやきを集めています>> タイトル集
著書紹介

がんばりすぎる人の「心のゆるめ方」〜自信を育て、幸せに導く小さな習慣〜
PHP研究所 価格:1,260円

PHPスペシャル'13.10月号に掲載されています。

フェイスブック
私の本棚
備忘録のような感じでアップしています
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
生きやすさのヒント!(124)悪口の本質

++-------------------------------------------------------------------------++
 りぼーんのつぶやき
++-------------------------------------------------------------------------++
■悪口の本質

新元号に変わる前日にこんなタイトル?
そう思いながらも
新年度スタートからひと月経つ今だから
大切かな….と感じ、この内容にしました。
    ・
    ・
    ・
「他人の悪口なんて言ったことはない」
「いやぁ、言ってしまうことあるかな」
    ・
    ・
    ・
あなたはどうですか?

 悪口のつもりじゃなくても
自分の何気ない発言が
いつの間にか誰かの批判に繋がっていた、
なんてことはないですか?

発言を振り返ると
→自分の意見が正しい….と話すあまりに
    それが相手への批難になっていた
→周囲につられ、同意してしまったことで
   誰かを追い詰める結果となった

….など、
意図しない方向へ流された経験も含め、
誰かの悪口を言ってしまったこと、
思い当たる人は多いと思います。

特に集団での人間関係は
・誰かの陰口が相手との共感を生み
 特定の人との距離が近くなったり、
・そこに居ない人の悪口で場が盛り上がる
….など
屈折した形ではあるけれど誰かへの攻撃が
関係づくりや連体感に一役かうこともあります。

新年度に入り、新しい関係づくりでは特に
周囲に馴染む為にいろんな方法が使われます。

その中に
自分を守る術として相手を貶(おとし)める
という後味の悪い手段もみられます。

最近は「ディスる」という表現が浸透し
否定や批判について
軽く受け止められる傾向もあります。

※ディスる:ディスリスペクト(disrespect)の略

ただ、
その本質を知ると、とてもじゃないけれど
軽く受け止める気持ちでは居られなくなります。

そこで
この手段の本質を見極めることで
・他人への批判が口に出そうな時
・逆に誰かに言われた陰口で傷ついた時
など、気持ちの立て直しに役立てて下さい。


悪口や批判を聞かされている相手は
ネガティブな内容を聴きながら
実は、もう一つの耳(心)で
話し手の視点やタイプを読み取っています。

例えばこんなふうに
→この人はこういう事を気にする人なんだ
→この人は自分の意に沿わないことを
    こんなふうに批判する人なんだ

という感じで、
聞き手は悪口の的となる人について
聴いているようで、実は話し手についての
人となりもしっかりとキャッチしています。

そう考えると
人をディスってしまいがちな人は
人を悪く言いながら
実は自分をディスってるとも言えます。

一方、
自分の陰口を知り凹んでいる人は
確かに気分は良くないでしょうが
凹み過ぎず、かつ応戦など考えず
静観する余裕を持ってみてはどうでしょう。

相手はあなたの悪口を言いながら
自分自身をディスっていることに気づいてない。
なんとも滑稽に見えてきます。

最後にもう一度
他人を否定、批難してしまいがちな人へ

その否定や批難がどんな意味を持つのか?
….を今一度考えて見る。

その意図について
自分の【〜〜べき 】に沿わない相手や
【自分の常識 】から外れる意見への攻撃心
によって生まれる思考ではないか?
….と振り返ることができれば
自身の傾向を知るチャンスに変わります。

++-------------------------------------------------------------------------++
   ■りぼーんの綴りもの
++-------------------------------------------------------------------------++
▼Twitter
 https://twitter.com/room_reborn
▼ブログ
 http://reborn.jp/blog
▼こころの辞書
 http://reborn.jp/dic

++-------------------------------------------------------------------------++
   編集後記
++-------------------------------------------------------------------------++
今回のつぶやきを読み返して思うこと
それは、
私自身が他人をディスることがあるということ。
口にこそ出さなくても

私の常識から外れる人を批判する感覚は
まだまだ残っているなぁ….と。

自分の「〜べき」って気づきにくいし直しにくい。
知らない内に湧いて来ているから….。

そう思うと、誰かに腹が立ったり、
それが元で悲しくなったりするのは当たり前でもある。

でもその後、自分を戒めたり
逆に、「やっぱりコレが私だから….」と
その傾向を直さないと決めたり、
行ったり来たりの人生は続きます。

自分の傾向を振り返り、直せない所は
仕方なく、ほどほどに温存させながら
うまく智慧を使って生きていきたいです。

元号が令和に変わっても
生きやすさへの気づきは私の関心事です。
次号からもおつき合い頂けると幸いです。

posted by: リボーン | コミュニケーション(人間関係) | 12:49 | - | trackbacks(0) |-
この記事のトラックバックURL
http://otayori.reborn.jp/trackback/155
トラックバック