Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
プロフィール

足立 かよ子
大阪府堺市で女性専用のカウンセリングルームを運営しています。
プロフィールはこちら>>

◆おすすめリンク◆
カウンセリングをご検討中の方へ
カウンセリングを迷っておられる方は検討材料にご覧ください
>>>ご検討中の方へ

つぶやきタイトル集♪
2009年4月からのつぶやきを集めています>> タイトル集
著書紹介

がんばりすぎる人の「心のゆるめ方」〜自信を育て、幸せに導く小さな習慣〜
PHP研究所 価格:1,260円

PHPスペシャル'13.10月号に掲載されています。

フェイスブック
私の本棚
備忘録のような感じでアップしています
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
生きやすさのヒント!(126)人間関係で困った時....

++-------------------------------------------------------------------------++
 りぼーんのつぶやき
++-------------------------------------------------------------------------++
■人間関係で困った時....

「人間関係って難しいなぁ」

....というつぶやきは 口に出さなくても
誰もが経験ある感覚だと思います。

いろんな関係を紡ぎながら日々過ごす私たち、
その中でも長期間に及ぶつき合いでは、
越えなければならない問題が起きることもあります。

家族関係
夫婦関係
親子関係
友人関係
職場での関係

通常のやり取りが続いている時には、
わからないことも、問題が起きると
その対応によって相手の本質が見えやすくなります。

それというのも、トラブルへの対応では
いつもなら見えにくい、その人ならではの
傾向が表れやすくなるからです。

「その人ならでは」というのは
その人の価値観に通じるものです。
何かを判断する時の大切な基準であり
その人の信条とも言えるものです。

また、そんな事態には
相手の信条が見えやすくなると同時に
自分の対人姿勢にもハッと気づくことがあります。

よく、
咄嗟の時の言動は、
素の自分が出る…と言われますよね。
それと似ています。

例えば、
家族の中で
病気や失業、子どもの不登校…など
穏やかな日常がひとたびトラブルに
見舞われると夫婦関係が試されます。

そして長年連れ添った夫婦でも
「こんな一面もあったんだぁ」なんて
相手の言動にショックを受け、
人生を揺るがす事態に発展することも
珍しくないですね。

友人同士や同僚、上司・部下の間柄も
関わりの中身は違っても
両者の間に困難と思われる事態が起きると
その関係が試されます。

パワーバランスもあるだろうし
価値観の違いにより
事態の理解に誤解が生じることもあるでしょう。

そのような、
ある意味、関わりの危機に対して
お互いがどう向き合うのか?

対人姿勢(心の筋力)が問われるところです。

・あいまいな態度で交わすのか
・しっかり話し合いの時間を持つのか
・一旦、冷却期間を置きながら
 相手を大切に思い、今後を考えるのか
・一層の事、関係を絶ってしまうのか

....どんな言動にでるかで
両者の人生態度が見えてきます。

そこで今回お伝えするのが
このような事態へ対応する時のポイントです。

それは
【 「試されている」という視点 】です。

この視点を持つことで目の前のトラブルに対し
「厄介な問題だ」から「心の筋力を試す機会だ」と
心のつぶやきを変えることができれば
ネガティブに感じていた問題が
未来を拓くチャンスだと捉えることが期待できるからです。

→気分のままに感情をぶつけてしまったり
→気になりながら何もせず時間だけが過ぎたり

自分の捉え方に無自覚なまま対応すると
大切な相手との間に後悔を残すことになりかねません。


捉え方によってその後の言動にが変わり
相手との関係に影響し未来が変わります。

たとえ相手との関係を絶つとしても
無自覚に「ただ成り行きで」結果的にそうなった
というのではなく、自覚した上での選択であれば
後悔は少なく済むと思うのです。


さて、あなたは
今月の内容に重なるような相手が思い浮かぶでしょうか?
そして、捉え方を自覚することで
その相手との未来はどんなふうに変わっていくでしょう?

++-------------------------------------------------------------------------++
   ■りぼーんの綴りもの
++-------------------------------------------------------------------------++

▼Twitter
 https://twitter.com/room_reborn
▼ブログ
 http://reborn.jp/blog
▼こころの辞書
 http://reborn.jp/dic

++-------------------------------------------------------------------------++
   編集後記
++-------------------------------------------------------------------------++


今朝、友人から
「G20、テロなく終わって、よかった、という感じ。
大変な準備や警護だよね。
それでも、顔を合わすのに意味があるんだよね、きっと」
....とラインがあった。

そして私は
「ほんとテロなく無事終了してよかった。
多くの人のご苦労の賜物よね」と返したものの

実のところ、私は
交通機関の混み具合ばかりが気になって
恥ずかしながら多くの人のご苦労にまで
気持ちがいってませんでした。

また、今回のサミットで何が話し合われたのか?
開催の目的って何?
なんて、今頃になって確認している有様です。

サミットの目的は
「世界経済を力強く成長させていくこと」
らしいけれど、動画を観る分には
首脳たちの目の動きなど、そこから
推察する感情面の方が興味があったりします。

動画を検索していて2014年のG20での
ランチの場面を見つけました。
安倍首相の所在無げな様子が見て取れます。
今回は主催国の首相としてどんな感じだったんでしょう?

ランチの様子
↓↓↓↓↓
https://youtu.be/EtZDrPcy6Tw

政府インターネットテレビ
https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg19198.html?t=103&a=1
 

posted by: リボーン | コミュニケーション(人間関係) | 13:42 | - | trackbacks(0) |-
この記事のトラックバックURL
http://otayori.reborn.jp/trackback/157
トラックバック