Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
プロフィール

足立 かよ子
大阪府堺市で女性専用のカウンセリングルームを運営しています。
プロフィールはこちら>>

◆おすすめリンク◆
カウンセリングをご検討中の方へ
カウンセリングを迷っておられる方は検討材料にご覧ください
>>>ご検討中の方へ

つぶやきタイトル集♪
2009年4月からのつぶやきを集めています>> タイトル集
著書紹介

がんばりすぎる人の「心のゆるめ方」〜自信を育て、幸せに導く小さな習慣〜
PHP研究所 価格:1,260円

PHPスペシャル'13.10月号に掲載されています。

フェイスブック
私の本棚
備忘録のような感じでアップしています
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
生きやすさのヒント!....vol.68
++----------------------------------------------------------------------------++
カウンセリングルームRebornでは、心に寄り添うことでその方の今後の
方向性を一緒に考えさせて頂くお手伝いをしています。
つまづきを感じたり、辛くて動けなくなったり、心の整理が必要になった時、
思い出して頂けると嬉しいです。
++----------------------------------------------------------------------------++


天神祭りの日、地下鉄で見かけた浴衣姿の女子にビックリしました。
浴衣をタンクトップのように、肩を出し、胸あたりまでずらして
着ているのです。なので、背中も丸見えです。
「“日本の美”はどうなるの?」と思いながらチラチラと観ていました。
新しい現象を観ると大人はつい「おかしい!変だ!」と偏見を持って
しまいます。
でも、この着方も何年か経つとファッションとして
大流行しているかもと思っていました。
ここにアップするので念の為…と「浴衣 肩だし」で検索すると、
既に「花魁風の浴衣」とネーミングされてました。
私が時代おくれだったようです。(>_<)
--------------------------------------------------------------------------
■ リボーンのつぶやき
--------------------------------------------------------------------------

「なんで生きなアカンの?」…という疑問から

あるクライエントさんとの話しです。

「この話、いつかブログに載せていいかなぁ?」と許可を得てから、
3度目の夏です。
ふ〜っと思い出し、また消えていく…けれども決して忘れない
私にとっても、生きるにあたって根源的な内容かもしれない。

カウンセリングルームでは、普通、人にきけない疑問なども
口をついて出てくるようです。
正解が出るようなことではない…とわかっていても口にしたい、
それが許されるスペースでもあるのがカウンセリングの場です。

そんな空間で、彼女がつぶやきました。
「私、何で生きていかなアカンのか、わからんようになりました」…と。
つらいことを抱えている彼女を知る私ですが、
その発言に適切な返答などできません。
そのまま、ふたりの時間は流れました。

生きて行くこと自体に疑問を持つ…
一見、哲学的で難解な話しなのかしら?と思いながら 聴く…を続ける。

人は、
腹痛を患っている時は、
お腹の痛みさえなければ…と願う。
頭痛を患っている時は、
頭の痛みさえなければ…と願う。
普段忘れているその部分の存在を強く感じるものです。

お腹は消化機能を果たしてくれて当たり前。
頭は思考してくれて当たり前。

そう考えると
彼女の状態は、つらいことが問題…というよりも
問題を抱えながらも力強く生きるための心が機能していない
それが問題なのかもしれない…という話しに至りました。

心が機能していない。
正常に働いていない。
その状態に耐え切れず
人生にリセットを求めているような。
そんなふうにも受けとれました。

彼女の中で
「友人たちは、とっても楽しそうで
人生がうまくいっているように見える。
それに比べて私は…。」と自責があるようでした。

そこで、何もかも手放してしまいたいという衝動が
リセット願望に拍車をかける。

でも実際、人生をリセットするなんてできない。
じゃあ、どうすればいいのか?

ひどい頭痛の時、
ひどい腹痛の時には、どうしているでしょう?
その部分を労わる、休める
…など気遣った対処をするでしょう。

心の機能を取り戻すまでは、
それと同じように気遣った対処をしてみるのはどうだろう?

とにかく自分の「今ここ」だけを充実させるために
ていねいに力を尽くす。

人との比較を励みに変え、向上を目指すのが良いときもある。
でもこんな時は、自分の「今ここ」だけに思いを込める。

1ミリでも
5ミリでもいい
ほんのささやかでいいから
自分の心地よさにつながる行動を選ぶ。

部屋の一角を掃除することかもしれない。
自分を元気づける食べ物を口に運ぶことかもしれない。
頭を休めるために熱めの湯船につかることかもしれない。

そうして、その満足感をたっぷり味わってみる。

★大切なことは、
・どんなささやかなことでもいいから、自分が心地よいと思う行動を選ぶ。

・あれこれ考え事をしながらでなく自分のやっていることに集中する。

・自分のしたことの満足感を味わう。

これを繰り返す。
それだけで生きている喜びに近づける。

とにかく、「今ここ」の行動を意識的に選ぶ。
まず、そこから始めてみようかと話しは進みました。

「それしかないかぁ」…という彼女の言葉で終ったセッションでした。
--------------------------------------------------------------------------
 ◆ワークショップのお知らせ
--------------------------------------------------------------------------
8/03  午後1〜3時:パステルアート体験
10/12・19の日間:コミュニケーショントライアル

詳しくはコチラでご覧ください。⇒ ワークショップ情報♪

お申込はこちらです。⇒ PC・スマホ用携帯用
--------------------------------------------------------------------------
 ◆今月のブログタイトル
--------------------------------------------------------------------------
下記は⇒コチラからご覧頂けます。

7/02:「どうせ」というつぶやきが連れてくるもの…
7/04:「今」を変えるのは「今」しかないんよねぇ。
7/06:肌力から見る子育て
7/08:今の自分を確かめたくなりませんか?
7/10:子どもの相手に疲れているあなたへ
7/13:緊張する。それでも。。。
7/16:想像の翼
7/20:溢れる情報の取り扱い…あなたの場合は?
7/22:ダイエットではなく、不要なものを削ぎ落とすという姿勢
7/25:身近な関係が難しい


 
posted by: リボーン | 人生 | 08:45 | - | trackbacks(0) |-
この記事のトラックバックURL
http://otayori.reborn.jp/trackback/81
トラックバック