Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
プロフィール

足立 かよ子
大阪府堺市で女性専用のカウンセリングルームを運営しています。
プロフィールはこちら>>

◆おすすめリンク◆
カウンセリングをご検討中の方へ
カウンセリングを迷っておられる方は検討材料にご覧ください
>>>ご検討中の方へ

つぶやきタイトル集♪
2009年4月からのつぶやきを集めています>> タイトル集
著書紹介

がんばりすぎる人の「心のゆるめ方」〜自信を育て、幸せに導く小さな習慣〜
PHP研究所 価格:1,260円

PHPスペシャル'13.10月号に掲載されています。

フェイスブック
私の本棚
備忘録のような感じでアップしています
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
生きやすさのヒント!(無意識にやっている“人が離れていく言動”)…vol.79
++----------------------------------------------------------------------------++
カウンセリングルームRebornでは、心に寄り添うことでその方の今後の
方向性を一緒に考えさせて頂くお手伝いをしています。
つまづきを感じたり、辛くて動けなくなったり、心の整理が必要になった時、
思い出して頂けると嬉しいです。
++----------------------------------------------------------------------------++

(1)りぼーんの近況
(2)りぼーんのつぶやき
(3)ワークショップ情報
(4)今月のブログ
++----------------------------------------------------------------------------++
(1)リボーンの近況
++----------------------------------------------------------------------------++
今月から手話講習会に参加しています。週1回ペースで32回。
手話は日常会話を単に手で表す日本語だと想っていたら違っていました。
私の挑戦の虫が動き始めています。
フツーの日々をビビッドに彩りたい私の胸は少しワクワクしています。

ナニナニ?と思って頂ける方はこちらへ>>>幸運ブログ
++----------------------------------------------------------------------------++
(2)リボーンのつぶやき
++----------------------------------------------------------------------------++
■今月のつぶやき

【無意識にやっている“人が離れていく言動”】

正しいことを言っているのに分かってもらえず反感をかう。
逆に相手の言うことは間違っていないのに従いたくない。

そんな経験はありませんか?

私には痛い思い出があります。
それは、20代前半のOL時代…ちょうどバブル期に不動産業界に居た頃の話です。

22歳で主任のポストに就いていた私は、30代以上の役職者の中、
稀有な存在であったと思います。当時の私は「お給料を頂いてる
のだから仕事は頑張って当たり前」…と残業も厭わず働いていました。
(もちろん自分尺度ですが)

仕事は忙しく充実している反面、社内での風当たりはきつく人間関係は
ボロボロでした。
仕事は抱え込みたくはないけれど手伝ってもらえる人がいない状態でした。

そんな中、定時ピッタリに退社する先輩社員に冷たい視線を送るのが日課に
なっていました。また、海外出張先から社長に電話をして取り次いでもらえ
なかった時は、社長秘書からも嫌われていることを感じました。
課長でも部長でもなく社長でないとダメな用件だったため、ホテルの部屋で
ひとり号泣したことは今でも忘れられません。

鼻っ柱は強かったけれど
丁寧な言葉遣いで歳上を立てるよう心がけていました。

それなのに
私の何がいけなかったのか?

今ならわかります。

私は部署の誰とも温かい関係性が築けていなかったのです。

人は「自分が正しい」…という姿勢で他人と関わる時「上から目線」に
なっています。
それが相手に伝わり関係性をまずくします。そのまずい関係性の中で正論を
言っていた私は受け入れられなかったのです。言っている内容は関係ない、
相手との関係性が重要なのだ…と今ならわかります。

振り返ると、トガリきっていた私が周囲に与えていた印象(私は間違ってない
アピール)は最悪で、そのようなリアクションをされても当然だったのでしょう。

親子関係
夫婦関係
友人関係
どの関係であっても、言えることです。

自戒も込めて挙げた今回のトピックから、私自身再確認したことがあります。
それは、日ごろの姿勢、立ち居振る舞いが相手にどんな印象を与え、
どんな関係性を築いているかが居場所の有無を決めるということ。
30年近く前のことですが今でも新鮮で学び深い経験です。

温かい関係は一朝一夕に築けるものではありません。
それ相当の時間がかかり、そしてそこに一貫性が伴って初めて相手に伝わる
ように思います。正しさを振りかざしても相手の心には響かない。
正しさをアピールするより、分かり合おうとする姿勢が相手との間に思いやりの
橋を架ける。そうする態度に信頼が生まれるのだと心に刻みました。

そしてもう一つ、相手との間に橋が架かるポイントは『好き』という感覚です。
優秀、立派、テキパキしている…などの条件ではなく「この人と居ると楽しい、心地いい」
という感覚を抱き⇔抱いてもらえる同士に橋を架かるのだろうということ。

待っていても橋は架からない。
まずは、条件を横に置いて橋を架ける発信を自らがやってみる。

コレかな?って思います。

++----------------------------------------------------------------------------++
(3)橋を架けるワークショップのお知らせです!
++----------------------------------------------------------------------------++
■コミュニケーションOneStepトライアル開催       

日   時:7/19・9/6 午後1〜5時
場 所:カウンセリングルームREBORN
参加費:5,000円(1回)
定   員:4名
「つながる会話」を体験の中で育むワークショップです。
メンバーのペースでゆるゆると進めていきます。
「ひとりだと不安だなぁ…」という方も安心してお越しください。

■こんな方におススメです。
・会話を楽しみたい 
・人とつながる話し方を知りたい
・適度にNOを伝えたい
・人との程よい距離感をつかみたい
コミュニケーショントライアル
お問合せ・お申し込みはこちらへ>>>
 
■読書会
日 時:7月24日 午前10:30〜12:00
場   所:カウンセリングルームREBORN
参加費:500円
読書会
お問合せ・お申し込みはこちらへ>>

++----------------------------------------------------------------------------++
(4)今月のブログ
++----------------------------------------------------------------------------++
こちらからご覧になれます>>

・フツーの日々をビビッドに
・人の悩みはすべてコレかも
・「自分を生きる」ということ
・ヤル気がでない時
・せっかく頑張っているのに印象を下げてしまう人
・行きたい場所で分かる人生の季節
・音と光のない世界(盲聾)
・人の顔色を見るようになったのはなぜ?…私の場合
・誤解を招く伝え方
・心願成就
posted by: リボーン | - | 11:08 | - | trackbacks(0) |-
この記事のトラックバックURL
http://otayori.reborn.jp/trackback/97
トラックバック