Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
プロフィール

足立 かよ子
大阪府堺市で女性専用のカウンセリングルームを運営しています。
プロフィールはこちら>>

◆おすすめリンク◆
カウンセリングをご検討中の方へ
カウンセリングを迷っておられる方は検討材料にご覧ください
>>>ご検討中の方へ

つぶやきタイトル集♪
2009年4月からのつぶやきを集めています>> タイトル集
著書紹介

がんばりすぎる人の「心のゆるめ方」〜自信を育て、幸せに導く小さな習慣〜
PHP研究所 価格:1,260円

PHPスペシャル'13.10月号に掲載されています。

フェイスブック
私の本棚
備忘録のような感じでアップしています
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
生きやすさのヒント!(自分を生きるための入り口)…vol.80
++-----------------------------------------------------------------------------------------++
カウンセリングルームRebornでは、心に寄り添うことでその方の今後の
方向性を一緒に考えさせて頂くお手伝いをしています。
つまづきを感じたり、辛くて動けなくなったり、心の整理が必要になった時、
思い出して頂けると嬉しいです。
++-----------------------------------------------------------------------------------------++

(1)りぼーんの近況
(2)りぼーんのつぶやき
(3)ワークショップ情報
(4)今月のブログ
++-----------------------------------------------------------------------------------------++
(1)りぼーんの近況
++-----------------------------------------------------------------------------------------++
全裸の女性が鉄条網をフラフープにして腰を動かしている動画を観ました。
これは、現代美術作家ウエダリクオ氏の講演を聴講した時のことです(7/25)
ウエダ氏曰く「この女性を地球だと感じた」…と。
自分を自分で傷つけている。
自転する地球とフラフープをする女性が重なった感覚です。
何かを見て、どう感じるかはその人の独自の感覚であり自由です。

自分にない感性に触れると刺激を受けます。私の人生あと何年あるかわからない
けれど、たくさんの刺激を受けたい…といつもより強く感じました。
++-----------------------------------------------------------------------------------------++
(2)りぼーんのつぶやき
++-----------------------------------------------------------------------------------------++

【自分を生きるための入り口】

自己啓発本などでは「自分を認める」ことが奨められています。
多くの書籍に書き続けられているということは、大切なことであるとともに
難しいということがわかります。

「自分を認める」ということは「自分らしく生きる」ことへの第一歩です。
このことが多くの人にとって難しいと感じられるのはなぜなのでしょう?

 
まず「認める」というのは「目にとめる。存在を知覚する」ことです。
これに「自分を認める」を当てはめると

・自分を目にとめる
・自分の存在を知覚する
…ということになります。

上記から
自分を認めるというのは「自分を知ること」だとわかります。

では、自分を知るにはどうすればいいのでしょうか?
 
各個人について書かれた辞書などはないので自分で自分のことを調べる
必要があります。
人は何か調べ物をするとき、他のものと比較検討します。
これは評価するという意味ではなく、違いを見つけそのものの特性を
知るということです。
周囲との違いや共通部分を知ることで自分についてより分かり易くなるからです。

他のものと比較検討するに、まず何かと関わらなければなりません。
これが、自分を知るきっかけづくりになるということです。
自分一人で自分を眺めてみたところで、
自分の思い込みで観た自分しかわかりません。

一方、
何かと関わることで、反応する自分を観ることができます。
そうして、自分の反応によって自分を知ることにつながります。
 
「私ってこんなことに腹が立つんだ」
「私ってこういうことで傷つくんだ」
「私ってこんなことが嬉しいんだ」
…と。

そこに評価を入れず
こういう自分なのだ…と自分を感じることから始まります。

こういう自分をどうしていきたいのか?
「こういう自分もイイ感じやん」って思えることもある。
「こんな自分を〜〜していこう」と変化への意識が芽生えることもある。

自分を認める近道は人やモノと関わり、その時の自分の反応を眺め
感じることからしか始まらないのです。
何かと関わることは一人で居るより面倒なこともあるでしょう。
でもその面倒を前提に人は生きて行かなければならないともいえます。

何かと関わることで自分を知る。
そして、
一人(独り)で居ることも愉しみ、自分を深める。

結局は、
このような繰り返しが“自分らしく生きる”ことにもつながっていくようです。
 
++----------------------------------------------------------------------------------------++
(3)自分を知るワークショップのお知らせです!
++----------------------------------------------------------------------------------------++
■コミュニケーションOneStepトライアル開催       

日   時:9/6 午後1〜5時
場 所:カウンセリングルームREBORN
参加費:5,000円(1回)
定   員:4名
「つながる会話」を体験の中で育むワークショップです。
メンバーのペースでゆるゆると進めていきます。
「ひとりだと不安だなぁ…」という方も安心してお越しください。

▼ワークショップの感想です
参加者の感想

■こんな方におススメです。
・会話を楽しみたい 
・人とつながる話し方を知りたい
・適度にNOを伝えたい
・人との程よい距離感をつかみたい
コミュニケーショントライアル
お問合せ・お申し込みはこちらへ>>>
 
■読書会
日 時:8月28日 午前10:30〜12:00
場   所:カウンセリングルームREBORN
参加費:500円
読書会
お問合せ・お申し込みはこちらへ>>

++-----------------------------------------------------------------------------------------++
(4)今月のブログ
++-----------------------------------------------------------------------------------------++
こちらからご覧になれます>>

・嫌われたくないけど、嫌われてもかまわない
・コミュニケーション力を育む“場”
・人生の扉が開かれる時
・親という蜘蛛の巣をぶっちぎってみよう

今月は「こころの辞書」をほぼ毎日アップしています。
・一人っ子の育て方
・子育ての中の“不都合な真実”
・本当に伝わるメッセージ
・不安の正体
・孤独をほどいてみるために
・存在価値の軽さを感じる時
                             ・・・etc    
こころの辞書
posted by: リボーン | コミュニケーション(人間関係) | 17:00 | - | trackbacks(0) |-
この記事のトラックバックURL
http://otayori.reborn.jp/trackback/98
トラックバック